批判的な話、世の中をこき下ろす話より、美しい話、いい話、心温まる話のほうが好きだ

かぶとたいぞうです。

最近は新聞やネットニュースを見ると、批判的な内容、世の中をこき下ろすような内容の文章が多いです。

批判は主に政府、政治家、都道府県や市町村の首長、オリンピック委員会、有名人、芸能人などなどに向けられます。

「能無し」「役立たず」「あきれた」「非常識」などけちょんけちょんにこき下ろします。



オリンピック村への批判

オリンピック村の料理が不味くて高いとか、コーラを法外な値段で売っているとか、ベッドがダンボールでできていてテレビもトイレもないとか。

半分は事実だけど半分は脚色したような話を取り上げて「間抜け」だとか「準備不足」だとか「失策」だとか「税金泥棒」と言いたい放題言うのです。

新型コロナ対策への批判

コロナ対策でも政府がいかに能無しで、後手後手で、税金の無駄遣いをしているかと得意になって批判します。

確かに後手後手の部分はありますが、一国の総理をそこまでこき下ろす姿勢には違和感があります。



批判が好きな人がいる

人間には他人を揶揄したり、偉い人をバカにしたり、悪口を言ったりするのが好きな人がいます。また、そういう話を聞くのが好きな人もいます。

政府や世の中を斜めに見て、批判したり攻撃したりするのが大好きな人もいます。そういう話を聞くと気分が良くなる人もいるようです。

私も情勢判断や危険回避のために、そういう話に興味を持って耳を傾けることもありますが、あまり気分は良くありません。

世の中にはいい話もある

いっぽう、世に中にはいい話、美しい話、感動的な話、心温まる話もあります。

何回転んでも満面の笑顔がすばらしいフィリピンの女性スケボー選手の話。

転んでも笑顔:kabutotai.net

選手との絆を大事にして優勝に導き、男泣きに泣いた柔道の監督の話。

選手村の料理と対応への感謝を垂れ幕で表現するオーストラリアの選手たちの話。

枚挙に暇がありません。



同じシチュエーションに批判的な話といい話がある

批判的な話も、心温まる話も、同じ時代に、同じ場所で、同じ環境で、同じ対象に向けて発信されているのです。

違うのは発信者の気持ちだけです。聞く側の気持ちだけです。

ある人はそのことを腹立たしく思い、批判的に話し、それを聞いた人も批判的な気分になって絶望するのです。

ところが、ある人はそのことを喜び、美しく思い、感動し、感謝し、楽しく話し、それを聞いた人もいい気分になって心温まるのです。

世の中には批判的な話も、いい話もある

世の中には批判的な話はたくさんあります。美しい話、いい話、心温まる話も少しだけどあります。

でもどちらの話にアンテナを立てるかは自分次第です。そしてどちらの話に耳を傾けるかで自分の気分も変わるのです。



どちらの話が好きか

どちらの話が良いかは分かりませんが、私は美しい話、いい話、心温まる話のほうが好きです。

批判的な話、攻撃的な話、悪口、愚痴、などは聞いていて疲れます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*