母の初七日

かぶとたいぞうご挨拶:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 今日は母の初七日です。 初七日は閻魔様による初公判の日で、母が極楽浄土へ行けるかどうかが判定される日だそうです。 不合格だったらまた来週。計7回判定のチャンスがあって、7×7=49日までに結審するそ 続きを読む→

母が亡くなると

かぶとたいぞうご挨拶:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 母が亡くなるという経験は私にとって初めてのことです。 昨日もブログの更新ができなかったので、もうそろそろ今日あたりからまともな記事を書こうと思いましたが、やっぱり書けません。 葬儀が終わって3日も経 続きを読む→

母の死に際して

かぶとたいぞうご挨拶:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 私ごとですが、実母が息を引き取りました。 それで昨日はブログを更新できませんでした。 今日も書けないかなと思ったのですが、書きます。 満92歳で老衰で安らかにあの世に旅立ちましたので、悲しみも後悔も 続きを読む→

娘と息子が小さい頃、いちど私と一緒に死にかけたことがある。あの時、死んでいても不思議ではなかった

死んでいても不思議ではなかった:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 今でも時々思い出します。思い出してはゾッとします。今から20年以上も前のことです。 ある冬の寒い日のことでした。当時小学校高学年か中学校に入ったばかりの娘と、小学生の息子を車に乗せて、麻生の駅前にあ 続きを読む→

【時間貧困】フルリタイアして私にはたっぷり時間がある。お金はないが「足ることを知る」から心は常に豊かだ

早期リタイア:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 今朝の日経新聞に「時間貧困」についての記事がありました。 同紙によりますと、「時間貧困」とは、時間の余裕のなさを示す言葉だそうです。初めて聞きました。 夫婦共働きで子育ての時間や家事の時間が不足し、 続きを読む→

中学校で習った「春眠暁を覚えず」(孟浩然、春暁)を思い出して、人間が本来寝る時間を知った

春眠暁を覚えず:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 私はもうリタイアしていますから、夕方の4時頃から「ひとりユンタク」と称して酒を飲み始めます。 夕方6時くらいにはいい気分に出来上がって、庭に出て花を見たり、居間で映画を見たりするのですが、7時半か8 続きを読む→

【30年】私の家の筋向いには三角屋根のシャレた家があり、ご主人はほっそりした若者だった

三角屋根:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 私が今住んでいる家は、まだバブルの余韻が残る30年以上前、昭和の終わり頃に建てた戸建てです。 私はまだ30歳になったばかりでした。先輩が「今建てないと住宅の値段はもっともっと上がって、そのうちに札幌 続きを読む→

人間は、やっぱりたまには仏壇や神棚に手を合わせて、感謝しなければならない

20バーツの仏:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 久しぶりにお菓子を買ったので、仏壇にお供えをして手を合わせました。 思えば忙しさにかまけて1ヶ月近くもの間、仏壇に手を合わせておりませんでした。忙しいと言っても庭仕事、畑仕事ですから、趣味のようなも 続きを読む→

【人を笑わせることができているだろうか】人は自分を笑わせてくれる人と付き合いたいし、一緒に暮らしたい

笑い:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 何年も前のことです。息子の結婚式に招待されて、家族で参列しました。 披露宴では入り口でパンフレットを手渡されました。宴会が始まるまでのちょっとした時間に読む手作りの小冊子です。新郎新婦のプロフィール 続きを読む→

【タイの思い出】米をといだり食器を洗ったりしていると時々思い出す。水が貴重だった日々のことを

日本の水道:kabutotai.net

かぶとたいぞうです。 札幌の水道水は美味しいです。しばらく那覇の水道水を飲んでいたので、よけいに美味しく感じるのかもしれません。 札幌の水道はこれから7月上旬頃まで、ずっと冷たくて美味しい水が出てきます。山の雪解け水が、 続きを読む→