学生時代の懐かしい思い出「ニラ・アヤメ事件」

かぶとたいぞうです。

酒を飲んでいて、ふと昔のことを思い出しました。

私は苦学生でした。学生時代には金がなく、食べるものがないのでいつも痩せて、目だけがギラギラとしているような若者でした。



学生時代、東京で

大学生の頃、私は札幌から上京して西荻窪駅から北へ徒歩20分くらいの、青梅街道近くの安いアパートで暮らしていました。

高校時代の友人がやはり上京して武蔵境に住んでおり、よく遊びに行きました。でも、その友人も金がなく、いつも安い焼酎だけでツマミはほとんどありませんでした。

夏の夜

ある夏の夜。いつものように武蔵境の友人宅を訪ねて安い焼酎を飲み始めると、友人が言いました。

「大家さんの家の庭に、ニラがいい感じに育っているんだよな」

私が「へぇー」と適当に相槌を打つと、友人が続けました。

「大家さんはあのニラを食べないのだろうか。すごく育っているのに刈り取る気配がまるでないんだ」

私がまた気のない返事をすると、友人が身を乗り出して言いました。



大家さんのニラを食おう

「大家さんが食べないのなら頂いちゃうか。幸い卵が1個だけある。油と醤油もある。炒めて卵でとじて、醤油をちょっとさせば美味しいんじゃないか」

私の目に「ニラ玉」が浮かび上がり、がぜん興味が湧いてきました。

私がさっそく行こうと言うと、はやる私を制して友人は言いました。

大家さんが寝てから取ろう

「いや、まだだ。大家さんはまだ起きている。大家さんはいつも10時半くらいに寝るから11時になったら決行しよう」

時計を見るとまだ9時。私たち2人はテレビを見ながら焼酎だけ飲んで2時間をもんもんと過ごしました。

夜の11時になりました。友人は人差し指を自分の口の前に立てて言いました。

「シだぞ。絶対に音をたてるなよ」



そーっと大家さんの庭へ

友人は右手に包丁を、左手には懐中電灯を持って階段をゆっくり降りていきました。私も友人の後に続いて音をたてずに階段を降りていきました。

大家さんの家は彼のアパートの1階です。階段を降りて左手に5、6坪くらいの庭があり、庭木や花が植えられていました。

友人は振り返り、もう一度口の前に指を立てて私に注意を促しました。そして持っている懐中電灯の光を庭の奥の方へ向けました。

大家さんのニラ

懐中電灯の光に映し出されたのはニラのようにも見えますが、私にはアヤメの葉に見えました。

ニラ・アヤメ:kabutotai.net

友人は庭の奥に分け入り、しゃがみこんで「ニラ」に手をかけました。

私が友人のすぐ後ろまで寄って行き、小声で「それはアヤメ」と言おうとすると、友人は私を咎めるように

「シ!」

と言って、大家さんの家の窓を見たり私の方を見たりして私を制しました。私はそれ以上何も言えませんでした。



両手いっぱいに「ニラ」

友人が「ニラ」を両手いっぱいに持って私に差し出しました。私は「ニラ」を受け取り、しっかり捧げ持って階段を音をたてずに上がっていきました。

2人とも部屋に入り、ドアの鍵をかけたあと、私は友人に言いました。

これアヤメだぞ

「これアヤメだぞ」

友人は当惑したような顔をして答えました。

「うそ」

私は続けました。

「こんな、幅が2cmもあるニラなんて見たことあるか?」

友人は困った顔をして答えました。



ずいぶんよく育ったニラだと

「いやぁ、ずいぶんよく育ったニラだと」

私は言いました。

「だいたい、木や花ばかりの庭にニラを育てているわけはないだろ」

友人は申し訳なさそうな顔をして下を向いていましたが、しばらくしてぼそっと言いました。

アヤメって食べられないかな

「アヤメって食べられないかな」

私はどう反応していいかわからず、なおも黙っていると友人は続けました。

「油で炒めて卵でとじれば食べられるんじゃないかな」

私はこれ以上友人を咎めるのもかわいそうだと思い、「ニラ玉」ならぬ「アヤメ玉」を作ってあげました。



アヤメの味

結果は想像したとおり。苦くてエグくて食べられません。

2人はけっきょく「アヤメ玉」の卵だけを箸の先でつまみとって無言で食べ続けました。

めでたし、めでたし。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*