【じじー・ライダー奮闘記】バイクで小樽まで行っただけで、疲労困憊の巻

かぶとたいぞうです。

昨日は、小型自動2輪免許取り立ての初ドライブで、小樽まで行ってきました。

札幌市北区のわが家から小樽までは約40キロ。

計算上では1時間もかからない距離です。しかし実際に行ってみると、途中のコンビニで2回ぐらい休み、ようやく小樽についたのは出発して1時間半後でした。



小樽で休んでいたらクラっときた

小樽で一休みしていたら、なんだかクラっとしてきました。暑さで熱中症になったのかなと思いましたが、どうもそうではなさそうです。1時間半のバイクの運転で体が疲労しているようなのです。

どこかの喫茶店にでも入って休もうと思いました。しかし適当な店が見つかりません。仕方なく運河通りにある「すき家」に入って、それほど食べたくもない牛丼を食べて様子を見ました。

牛丼とリポビタンDで元気回復

牛丼を食べると少しはリフレッシュして元気が出てきたような気になりました。

帰りは朝里のコンビニに1回だけ立ち寄り、リポビタンDを飲んで気合を入れ、どうにか帰ってきました。

帰ってきてから計算してみると、往復80キロメートルの行程に約4時間もかかっていました。



時速20kmの移動実績

1時間に付き20キロメートルの移動実績です。

オリンピック連休はバイクでソロキャンプを計画しているのですが、予定している最初のキャンプ場までは100kmあります。今回と同じようなペースなら5時間はかかる計算になります。

少し不安になってきました。

1日100Kmの移動が限界かな

若い頃なら1日で300kmくらいは軽く移動できたのですが、今は100kmでも不安です。

昨日は80Kmの移動で、帰宅後は疲労困憊。晩御飯を食べたら眠くなり、午後8:30には床につきました。

何日もキャンプ場を移動しながらバイクで旅をすると、おそらく疲労は蓄積するでしょう。



北海道1周とか、日本1周とかのバイク旅は

北海道1周とか、日本1周とかのバイク旅を考えておりましたが、最初は1泊か2泊くらいから始めて、徐々に体を慣らしていったほうがいいかもしれません。

じじー・ライダーがんばります。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*