ブログを毎日書くのは、居酒屋のオヤジが店を毎日開けるのと同じ

かぶとたいぞうです。

年末年始に入りこのブログに訪れる人がぐっと減りました。でも、私は毎日ブログを書き続けます。1人でも来てくれる人がいるかもしれないと思うからです。

それは、客が来てくれるかどうか分からないのに、店を毎日開ける居酒屋のオヤジと同じ気持ちです。



私にも行きつけの居酒屋があります。ススキノで飲んだ帰りにちょっと寄るような店です。特に飲みたいわけでもなく、腹が空いているわけでもないのに寄ってしまいます。オヤジの顔を見に行くのです。

だから店が閉まっているとがっかりします。あるいは心配します。

居酒屋を毎日開けることに比べたら、ブログを毎日書くことぐらいは簡単です。

今日もこのブログに来てくれた人に感謝します。

今日は正月2日。私は古式(こしき)にのっとって、毎年この日に書き初め(かきぞめ)をします。ちゃんと硯(すずり)で墨(すみ)を磨(す)って、筆で今年の心得を書くのです。

うまく書けたら、明日のブログにて報告します。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*