釣りの仕掛けを作ろうと思ったら、指は不器用だし目は見えないし

かぶとたいぞうです。

暇なので、近くの川でフナでも釣ってみようと思いました。

我が家のすぐ裏は川ですが、それとは別に歩いて3分くらいのところにもフナが釣れる別の小川があるのです。

昔はよく釣りをしました。



仕掛けが見当たらない

フナ釣り用の仕掛けを探してみましたがどこにも見当たりません。

道具箱の中に、糸、ウキ、うきゴム、よりもどし、おもり、針などがあったので、自分で簡単な仕掛けを作ってみようと思いました。昔はよく作りました。

フナ釣り用の簡単な仕掛け

簡単な仕掛け:kabutotai.net

釣り糸に浮きゴムを通して、釣り糸の先端を「よりもどし」という両端がワッカになっている小さな金具に縛ります。「よりもどし」のもう一方のワッカに釣り針を縛り付け、適当なところにおもりを付け、うきゴムにウキを付けたら出来上がりです。かんたんな仕掛けです。



糸を結ぶのは2箇所だけ

おもりは「かみつぶし」と言って、釣り糸に挟んで潰すだけなので、糸を結ぶ必要があるのは「よりもどし」の両端2箇所だけです。

ところがこの簡単な仕掛けを作るのにたいへんな苦労をしました。

目が見えない、指が動かない

まず、目が見えなくて、うきゴムに糸を通すのにけっこうな時間がかかりました。

その後、「よりもどし」のワッカに糸を何回も通して縛り付けるのですが、糸は通らないし、結べないし。

私は昔は指先がとても器用でした。しかし今ではまったく不器用になってしまったのです。

歳はとりたくないものです。



30分以上かかった

糸を結ぶだけの作業を何回もやり直し、途中で腹が立ってきてもうやめようと思ったり、針が衣服に刺さって取れなくなったり、気を取り直して最初からやり直したり。

けっきょく完成までに30分以上もかかってしまいました。

こんな仕掛けは子供の頃なら5分もかからずに作れたと思います。

本当に情けないです。

歳をとると目も指先も衰える

子供の頃よくやっていたことは、大人になっても簡単にできると思っていました。しかし、指先を使うことや目を使うことはできなくなるのですね。

今でさえこうなので、今後70歳、80歳になったらもっと不器用になり、もっと目が見えなくなるのでしょう。



歳をとったらゆっくりやるしかない

鍛え直すのは現実的ではないので、時間をかけてゆっくりやるしかないです。不器用なことに慣れるしかなさそうです。

さいわい時間はたっぷりあります。ゆっくりやります。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*