タイのビザなし(ノービザ)滞在期間を延長する

かぶとたいぞうです。

タイにビザ無しで行くと、1ヶ月しか滞在できません。もう1ヶ月滞在期間を延長したければ、各地の入国管理局(入管)=イミグレーションに行って滞在期間延長の申請をすれば許可されるようです。





滞在期間1ヶ月延長の手続きは意外と簡単

必要なもの

  • パスポート原本
  • パスポートのコピー(顔写真、出国カード、入国スタンプの各ページ)×2
  • 証明写真 x 1枚(縦6cm x 横4cm)/イミグレーションオフィスで撮影可能
  • 住所を証明するもの(ホテルやサービスアパートメントを借りているなら、ビジネスカードと領収書)
  • 青いボールペン
  • 申請料金1,900バーツ
  • 申請書(MT7)/イミグレーションオフィスにある

必要なものは手続きする県によって少しずづ変わるようですが、上記をそろえておけば間違いなく大丈夫のようです。

申請すればその日のうちに(たいていは1-2時間)、その場で期間延長のスタンプが押されます。

申請日から1ヶ月の延長ではなく、滞在期間が1ヶ月延長されるので、期限ぎりぎりに行かなくてもOKです。

一度他国へ行ってタイに戻ると、さらに滞在期間が1ヶ月与えられることを利用した滞在期間延長方法(ビザランと呼びます)もありますが、あまりやると再入国を拒否されるそうです。

それに、他国に行くにも時間と金がかかるので、イミグレーションでの滞在期間延長申請が無難です。

チェンマイ、バンコク、パタヤ、入国管理局(入管)=イミグレーションの場所

チェンマイ

9月にチェンマイに行く予定なのでイミグレーションの場所を調べてみると、とても不便なところにあります。

チェンマイの入国管理局(イミグレーション)

PROMENADA(プロメナーダ)という郊外型の大きなショッピングセンターとして大規模開発した場所のようですが、今は衰退して不便な場所となっているようです。

今年、2018年からチェンマイには市内を走るスマートバスが運行開始して、チェンマイ市内のどこへ行くにも20バーツで行けるようになりました(以前はいちいちトゥクトゥクと交渉するしかありませんでした)。

チェンマイのスマートバスに関しては、次のサイトが詳しいです。

チェンマイでは「cityバス」と呼んでました。路線も6本に増えています。後日最新情報を投稿します。

チェンマイスマートバス(循環バス)の乗り方と運行ルート(路線図)

しかし、プロメナーダはその路線からも外れており、結局トゥクトゥクと交渉して行くしかないようです。

スマートバスの紫で5番のサンパコーイ市場まで行って、そこからトゥクトゥクに乗れば少しは安くなるかもしれません。

(2018年9月26日追記)

チェンマイのイミグレーションはチェンマイ空港の近くに移転しました。

新しいイミグレーションに実際に行って1ヶ月延長の手続きをしてきた記事を投稿しましたので、そちらをご覧ください。

【関連性の高い記事】

チェンマイでの手続きに関しては、次のサイトが詳しいです。

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

 

バンコク

バンコクのイミグレーションも便利な場所とは言えませんが、チェンマイよりはまだましです。

バンコクの入国管理局(イミグレーション)

バンコクのイミグレーションはどちらかといえばドムアン空港に近い場所です。

バスでの行き方は、次のサイトが詳しいです。

はぴらき合理化幻想

 

パタヤ

パタヤのイミグレーションはジョムティエンのソイ5にあり、すぐ近くまでソンテウが走っているので一番行きやすい場所です。

パタヤの入国管理局(イミグレーション)

今回はチェンマイで延長申請をしますが、次回はパタヤでやりたいものです。

 

普通の観光なら1ヶ月もあればじゅうぶんですが、将来の移住に備えて、2ヶ月くらいの滞在を試すなら、いずれかのイミグレーションで1ヶ月延長する方法がベストでしょう。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*