【パタヤの偵察結果と再渡航】パタヤから一時戻ってきたら、やっぱり札幌は寒かった

かぶとたいぞうです。

偵察を兼ねてパタヤに1ヶ月半行ってきました。

パタヤは思っていた以上に経済活動が回復しており、酒も飲めるし店も遅くまで開いており、人もたくさん出ていて、にぎやかで、昔に戻った感じでした。何も心配ないし、なんの支障もありませんでした。楽しかったです。



不便だったのは帰国時の入管だけ

不便だったのは帰国時の日本の入管だけで、あとはまったく快適でした。

にわかにデジタル化しようとしても現場がついて行けず、結局紙のワクチン3回接種証明書が一番役に立ちました。

パタヤと日本のマスク事情

パタヤではもはやマスクをしている人はほとんどいませんでした。マスクをしていたのはお店の店員や施設の係員、警察官くらいでした。

しかし日本に帰ってくると、みんなマスクをしていて、普通の住宅地の道路でもマスクをしていて、「やっぱり日本だな」と感じました。



パタヤと日本のコロナ話題

タイではもう新型コロナの話題は皆無でした。感染者の数はカウントすらしていないのではないでしょうか。

しかし日本に帰ると連日感染者の数が増えたとか第8波だとか、相変わらず医療現場が逼迫する恐れがあるとかの報道が多く、これも逆に違和感でした。

パタヤと日本の気候の違い

それと、大きな違いは気候です。札幌に帰るとやっぱり寒いです。

前日まで32℃だったのが、札幌では日中でもせいぜい10℃、夜は0℃くらいまで下がります。



贅沢

人間は贅沢です。

パタヤにいた時は暑くて眠れない日があり、汗で体がベタベタして、札幌の寒さと、さらっとした湿度の低さを恋しがりました。

それが札幌に戻ると、寒くて寒くて、もうやってられないという気分になるのです。あんまり寒くてシャワーを浴びるのもおっくうです。

かと言って中間の気温、例えば毎日20℃くらいの気温であれば、それはそれでつまらなく感じると思います。去年の冬はずっと那覇で過ごしましたが、那覇といえども冬はそれほど暑くなく、もの足りないと思っていました。

偵察の結果

さて、1ヶ月半の偵察の結果、パタヤの状態が思っていた以上に良いのと、やっぱり寒いよりは暑いほうが私にはむいているので、札幌で用事を済ませたらまたパタヤに戻ることにしました。

今度は来年の4月まで。4ヶ月超の滞在になります。

帰国する前に次の渡航の航空券は買っておきました。アパートも4月まで契約してきました。



再渡航の準備

帰国してすぐに母の納骨を終えました。これから庭木の冬囲いをし、キューリ柵を片付けて、バイクをしまって、電気、水道をすべて止めたらまたパタヤに戻ります。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*