自分のブログが1日100人以上の人に読まれる喜び(祝ユニークIP100超)

かぶとたいぞうです。

このブログを見てくれるお客様の数が、ようやく1日につき100人を越えるようになりました。うれしい限りです。

ブログの管理ツールに毎日の「ユニークIP」という数値があります。これは重複を除いた毎日のお客様の数を指します。

つまり、同じ人が1日に2回見に来ても、1人とみなします。ページビューと違って、1人で2記事、3記事と複数の記事を見ても、ユニークIPは1人とカウントされます。





ユニークIP100超え。毎日100人以上の読者が読んでくれる

ユニークIPが100を超えるというのは、毎日100人以上の読者が私のブログを読んでくれている事を意味します。

毎日100人に語りかけているという実感があり、すごくやる気がでます。

ユニークIP100超えは、講演会で聴衆100人以上の前で話す喜び

私は30年間、経営コンサルタントをしております。講師など人前で話す機会も多くあります。

講演会の講師としていろいろなところに呼ばれました。会場に入ったとき、聴衆が100人を超えているとすごくやる気がでます。

いままで一番聴衆が多かったのは、500人くらいでした。都市銀主催で、聞いてくれているのは全てけっこうな経営者ばかり。

最近の経済動向、経営上の問題、傾向と対策、社員教育などを興奮ぎみに一生懸命話しました。我ながらいい話ができたと思います。

私は聴衆が多ければ多いほど気合が入り、いい話しができるのです。

つい2ヶ月ぐらい前(筆者がタイに渡る前)にも、札幌の経営者の集まりに呼ばれ、150人程度の中小企業経営者の前で世界経済の流れに関する講演を成功裏に終えたばかりです。



ユニークIP10以下の時もあった。10人の前で話すのと同じ気分

ブログを初めて最初の1ヵ月ぐらいは、ユニークIPが毎日5~6程度でした。つまり、一生懸命に記事を書いても、1日5~6人しか見てくれていないのです。やる気を維持するのが大変でした。

本業の経営コンサルティングでは、講演会で聴衆が5~6人ということはありえません。しかし、社内研修会などで呼ばれて、出席者が極端に少なく、10人程度の社員の前で話すこともありました。まったく気合が入りません。

私はプロですから自分をコントロールして、一生懸命話しました。しかし、シリーズの研修会で、毎回出席者が少ないとやる気を維持するのが大変でした。私は大勢の前で話さないと気合が入らないのです。

ユニークIPが増えると自然とやる気が盛り上がる

このブログもお陰さまでしだいに読者が増えました。ユニークIPが毎日50くらいになった頃から私のやる気は自然と盛り上がりました。

そしていま、毎日のユニークIPが常に100を越える状態になっています。毎日が興奮状態です。

もっともっといい記事を書いて、もっともっと読者の皆様に喜ばれようという気が起こります。

私は本能的に多くの人に喜ばれたいのだと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*