タイには年内に戻れるのだろうか

かぶとたいぞうです。

プーケットのプライベートビーチ付きのホテル内で14日間の隔離生活を過ごし、その後は島内、さらにタイ国内を移動できるパッケージ旅行プラン、いわゆる「プーケットモデル」が大きく変更されたようです。

情報が錯綜しているのでまだはっきりしたことは分かりませんが、10月8日に予定されていた中国からの第1便はやっぱり中止だったようです。



タイのプーケットモデル第1便はやっぱり中止だった

中止になったというニュースのあとに「それは誤報だ」という一部報道がありましたが、それにしては続報がないので不思議に思っていました。

あの時は、プーケットの県知事が「まだプーケット空港での受け入れ準備が整ってない」と反発したのに対し、タイ観光大臣は「早くしろ」と檄を飛ばし、「計画通りやる」と宣言した格好でした。

10月末に延期になったはずの第1便が二転して

中止したという報道では10月末に延期になったとありました。

ところが今日入ったニュースによると、10月20日に中国の広州からの120人が、バンコクのスワンナプーム空港に入るらしいのです。出発地といい人数といい、10/8に中止になったグループと同じです。



プーケットではなくバンコク!?

バンコクからプーケットにバスなどで移動するのかもしれませんが、そのままバンコクのホテルで14日間の隔離生活を経て、バンコクを観光するという情報もあります。

そもそもプーケットモデルは、まんがいち感染が拡大した場合、島だと閉鎖しやすいという理由で計画されたものでした。それがバンコクに入るということはどういうことなのでしょう。

背景に中国の圧力か

政府は中国との約束を果たすために無理をしているのでしょうか。プーケット県がモタモタしているのでやむなくバンコクに入れることになったのでしょうか。

そう言えばつい先日、中国の外務大臣がタイ首相と会談していますね。何を話し合ったのでしょう。なんか怪しい動きになってきました。



バンコクでは反政府のデモ隊が

そんな折りも折り。バンコクでは民主化運動のデモが激化して、非常事態宣言まで出ています。学生ら1万人超のデモ隊に対し、放水車が出動して放水したとも伝えられています。

今までも反政府デモ、首相の退陣要求デモはありましたが、ここに来て勢いを増しているようです。

タイはいったいどうなるのか

それでなくともコロナ禍のタイは経済が著しく疲弊しているのに、相次ぐ外国人の受け入れ体制の変更と反政府デモの拡大。忍び寄る中国の影。タイはいったいどうなってしまうのでしょうか。

年内にはどうにかパタヤに戻りたいと淡い期待を持っておりましたが、見通しがさっぱり分からなくなってしまいました。



いつになったら見通しが分かるのか

もう一ヶ月もすれば状況が分かるようになるのでしょうか。

タイに戻りたい:kabutotai.net

外国人入国の実績が公表されて、タイ入国への道が照らされる日が一日も早く来ますように。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

“タイには年内に戻れるのだろうか” への4件の返信

  1. いつも楽しみに拝見しています。何より絵から人柄が滲み出ていますね、応援しています。

      • 年内に Oー VISA 所持者の入国が許可されるのは、かなりハードルが高い様な気がします。
        私も来年に一時帰国しなければならないのですが、一度出国したら入国出来そうにないので困っています。
        ひとつの方法としては、 O-VISA が切れてしまったらOA- VISA に切り換えるのも有りかも。
        と言うのも、 O -VISA のリタイアメントビザにも医療保険加入の義務付けを実施するという"うわさ"が有ります。
        仮に実施されれば、 O も OA も大差がなくなります( もちろん提出書類は違いますが)。
        そうなれば、タイで生活する"うまみ"は多少減ります。他の国への移住も思案中ですが。。。

        • しんのすけ様
          かぶとたいぞうです。

          情報ありがとうございます。
          そうですね。
          私の友人にも、一度出たらタイに戻れなくなると思ってまだタイにいる人がいます。
          難しい判断ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*