【現在のパタヤ6】ウォーキングストリートとLKメトロのごーごーバーを覗いてきた

かぶとたいぞうです。

先日、初めて夜のウォーキングストリートを歩きました。

※ナイトライフ情報を書くと、どういうわけか決まってグーグルから警告が来ます。「あどると」な情報なので広告をストップするという内容です。どこがどう「あだると」なのか分かりません。だから、なるべくぼかして書きますのでご了承ください。

パタヤに来て1ヶ月以上も経過しているのに、ぜんぜん行ってなかったのです。



2年半前のウォーキングストリート

最後にウォーキングストリートを歩いたのは、確か今から2年半くらい前。2019年の5月くらいだったと思います。

当時はコロナ規制でまったく店が開いてなく、それは見るも無残な光景でした。ほとんどの店のシャターがおりていて、明かりさえついていませんでした。夜も普通に車が走っていました。

ウォーキングストリートは廃れた?

この2年半。私の頭の中のウォーキングストリートのイメージはそのままでした。

その後も「ウォーキングストリートは廃れた」かのような噂を聞いていたので、ぜんぜん関心がなかったのです。



劇的に印象が変わった

今回の訪問で劇的に印象が変わりました。現在のウォーキングストリートは人で溢れ、にぎやかで、コロナ前と同じでした。

昔と同じようにごーごーバーの呼び声がにぎやかで、店の前には女性が一列になって立って「おいでおいで」をし、通りには大道芸人が人を集め、歩くのも困難なくらいに人が出ていました。

コロナ前と少し違うのは、中国人の団体がいなく、代わりにインド人の団体が多いことくらいです。

バカラ

昔よく行った「バカラ」「センセーションズ」いずれも健在でした。

「バカラ」は流行らなくなったと聞いていましたが、圧倒的な踊り子の数、圧倒的な客数。流行っていないとは思えない盛況ぶりでした。昔と同じです。



ウォーキングストリートは完全に復活

「ピンナップ」「シャーク」にもそこそこ客が入っていました。私の知らない店も何件かありました。

最近はソイブッカオやツリータウンがにぎやかで、ウォーキングストリートは廃れたのだとばっかり思っていましたが、どうしてどうして、ウォーキングストリートは完全に復活したようです。流行ってないのは海鮮レストランくらいです。

LKメトロ

ごーごーバーの話題のついでに、LKメトロにも行ってみましたので感想を。

昔なじみの「シャンパーニュ」は今も人気です。「KINK」も相変わらず流行っています。「ディステニー」は相変わらずハレンチで、むかし「タッチ」だったところは今もパッとしませんでした。

昔からある、ソイブッカオ側入り口の「シュガーシュガー」は昔より盛り上がっていました。踊り子も増えたような気がします。



ばーびあ

LKメトロ界隈のばーびあはどこも客が少なく寂れた感じでした。ばーびあならソイ6、ツリータウン界隈のほうが少しにぎやかかもしれません。

センタン北側のビーチロード沿いのばーびあは完全に復活して、昼間からファランで溢れています。

+++

冒険心

私のナイトライフは昨日も書いたとおりローカル食堂でまったりとやるのが日常ですが、冒険心でちょっとだけ覗いてきました。

どこも一杯だけ飲んで出てきましたが。



ご参考に

これからパタヤに来ようと思っている人の参考になれば幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*