やっぱり年金は少しでも早くもらったほうがいいと思う

かぶとたいぞうです。

私は繰り上げ申請で60歳の誕生日から老齢年金をもらっています。

65歳からもらえる金額の30%引きですが、早くもらって良かったと思っています。後悔はしていません。

何歳から年金をもらうかは人それぞれです。だから私の話は参考程度に聞いてください。



年金を早くもらったほうがいい理由はたった一つ

以前私が有料ノートに書いたこととも一部重複しておりますが、私が60歳から年金をもらおうと決めた理由はたった一つです。

【かぶとたいぞう有料ノート】

一度支給開始した年金は途中で止められないし、減額もされないからです。

支給開始した年金は止められないし減らされない

たとえ1ヶ月数万円の支給でも、年金生活者はその年金をあてにして生活します。生活の糧である年金を途中で止めたり大きく減らすことは人道的に許されません。だから、もらっちゃえば、そのままずっともらえると思ったのです。



天引きが増えても名目支給額は減らされない

所得税率や介護保険料などの天引きが増えて実際の手取り支給額が少しずつ減るかもしれませんが、名目支給額はずっと変わらないと思います。

しかし支給開始が後になればなるほど、名目支給額そのものが減らされると思います。

後になればなるほど、支給額が減らされる

年金の原資が足りない以上、年金の受給は早いもの勝ちです。後の人はまったくもらえないのではないですが、かなり減額されると思います。

しかも減額されたとは気づかない方法で減額されます。

支給開始年齢の先送りという方法です。



巧妙な年金減額方法

私達が現役の時、年金は60歳から支給されるという約束でした。それが一方的に65歳支給開始に変更されたのです。そして最初の約束通りに60歳からもらいたければ30%引くと言われました。

これは年金月額が30%減額したのと同じなのです。

政府は減額していないと言うが

政府は「減額はしていない、支給開始時期を変更しただけだ」と言ってますが、減額と同じです。

今後は支給開始時期を70歳に変更するかもしれません。その時も65歳からもらいたいなら30%引きになるかもしれません。



支給開始年齢が70歳になったら実質半額以下に減額

実質30%減額されるのと同じです。最初の約束である60歳開始にすると、7割の7割ですから49%。つまり最初の約束の半額以下に減額されることと同じなのです。

既にもらっている人も一緒に減額されるか

前回、支給開始年齢が60歳から65歳に先送りされ、実質30%減額された時に、すでに60歳から年金をもらっていた高齢者の人たちも一緒に支給額を減らされたか。いいえ、減らされていません。

生活の糧である年金を途中から減らすことは人道的にできないのです。減らされたのはこれからもらう人たちだけです。



今後も減らされるのは、まだもらっていない人だけ

だから今後支給開始年齢が70歳になって、また実質的に30%程度の減額になっても、私のように既に年金をもらっている人の2ヶ月に一回の支給額は減らされないと思うのです。

まだもらっていない人の支給額は減らせますが、既にもらっている人の支給額は減らせないのです。

人生100年時代

政府は躍起になって「人生100年」「年金は後でもらうほど得だ」と言っています。私はそういう話を聞けば聞くほど怪しく思います。それで先もらいすることにしたのです。

政府は今、年金の財源不足で困っています。支払う立場の人が金がなくて困っているのに、受け取る側の得になるようなことをすすめるでしょうか。お金があり余っているのなら別ですが。



年金支給開始年齢はどんどん上がっていくのでは

今後、支給開始年齢は70歳、75歳と、どんどん上がっていくのではないでしょうか。繰り上げ受給も可能にはなるでしょうが、実質的には大幅減額です。

+++

やっぱり年金は早くもらったほうがいいと思う

私は年金はもらえるうちにもらったほうがいいと思います。もらっちゃえば減らされることはないと思っています。

今60歳前後の人で迷っている人がいらっしゃいましたら、参考にしてください。



あまり大きな声では言わないほうがいい話

ただし、あまり大きな声で人には言わないほうがいいと思います。今の時代は、何でも批判されるのです。

「自分さえ良ければいいのか」

「自分さえもらえれば、後の人はどうなってもいいのか」

「若い人たちはどうなるのか」

という声が聞こえてきそうです。

悪いのは政府

別に悪いことをするわけではありません。今まで支払ってきたぶんを約束通りに返してもらうだけです。年金をもらうのは正当な権利です。

悪いのは無計画に年金制度を進めてきた政府なのです。



でも、あまり大きな声では言わないほうがいい話

それでもあまり大きな声では言わないほうがいいかもしれません。一気に多くの人が年金の繰り上げ申請をしたら、本当に年金の財源が不足するかもしれません。

このブログの読者だけが知っていてくれればいい話です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*