【米国株】昨夜は一転大きく値上がり。上がったり下がったりを繰り返す米国株

かぶとたいぞうです。

一昨日の月曜日は大きく下げた米国株でしたが、昨夜は一転。今度は大きく値上がりしました。まるでジェットコースターのようです。

昨夜の終値の前日比は、NYダウで+2.43%、S&P500は+2.76%、ナスダックは+3.13%、かぶとたいぞうポートフォリオは+0.47%でした。



ジョンソン・エンド・ジョンソンが前日比で-1.46%

私の持ち株の上昇率が低いのは、かぶとたいぞうポートフォリオの主力であるジョンソン・エンド・ジョンソンが前日比で-1.46%も下がったからです。

昨夜ジョンソン・エンド・ジョンソンは四半期決算を発表しました。内容は良かったです。申し分なしです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン四半期決算は良かったが

しかし、このところ米ドルが対円のみならず、対ユーロや他の外国通貨に対して強いので、ジョンソン・エンド・ジョンソンの海外収益は下がってきているようなのです。

それで、ジョンソン・エンド・ジョンソンは今後の全社収益見込みを下げました。これが嫌気されて株価が下がったようです。

業績自体は上がっているのだから、むしろ買い時だと思うのですが。



昨夜の米国株が全般的に大きく上がった理由

さて、ジョンソン・エンド・ジョンソンはともかく、昨夜の米国株が全般的に大きく上がった理由は、一昨日下がり過ぎたからだと思います。

新聞各紙は「景気後退懸念が後退したから」とか「米国株相場が底入れしたから」とか言っていますが、相場観が一夜でそんなに変わるものでしょうか。

方向性が定まらず、様子見の状態

単に上がったり下がったりしているだけなのではないでしょうか。

つまり、まだ方向性が定まらず、様子見の状態が続いているように見えます。

大きく下がったら大きく上がる。その後はまた下がる。それの繰り返しだと思います。方向が見定まらないのです。



7月26日からのFOMCによる

やはり7月26日から開催されるFOMCで利上げ幅が決定されるまでは、上がったり下がったりの相場が続くような気がします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*