【米国株】「買った株がなかなか上がらないから売ろうと思う」の根本的なまちがい

かぶとたいぞうです。

「買った株がなかなか上がらないから売ろうと思う」

株が上がらない:kabutotai.net

こういう話をよく聞きます。

根本的なところが間違っていると思います。



株投資というものは

そもそも株投資というものの基本は、有望な企業に投資して、長期に渡って配当を得るということです。言葉を変えると、株主として経営に参加し、実績から得られた利益の分け前をずっと頂戴するということです。

株価の安いときに買って、株価が上がったら売って、短期的に利ざやを稼ぐ、というやり方は、株式市場を利用したギャンブルであって、本来的な株式投資の姿ではありません。

株投資の初心者ほど値上がりで儲けようとする

しかし株式投資の初心者ほど、株は値上がりで稼ぐものと思い込んでいます。そして買った株が期待に反して値下がりしたり、なかなか値が上がらないとイライラして売ってしまうのです。

私は真の長期投資家ですから、買った株が値下がりしても、あるいは値が上がらなくても、まったく気になりません。



株の真の長期投資で問題になるのは利益と配当

気になるのは利益と配当だけです。

逆に利益が減って配当が下がったり(減配)、配当が出なくなったら(無配)、たとえ株価が上がっていようと投資を考え直します。

長期投資に適した会社か

「この会社は長期的に私が付き合っていくのに適した会社だろうか」

「この会社は将来的に成長する会社だろうか」

「この会社は私の老後資金の運用先として大丈夫だろうか」

と。

そして少しでも疑問が生じたら、株価に関係なくすべて売って投資対象から外します。



「買った株がなかなか上がらないから売ろうと思う」のまちがい

もう一度最初の質問。

「買った株がなかなか上がらないから売ろうと思う」

もったいない話です。買った株がなかなか上がらないのは安定している証拠です。

ちゃんと配当が出ていて、しかもその配当が少しずつでも増えているの(増配)なら、持ち続けたほうがいいに決まっています。

もっとも最初っから配当など出していないハイテク株、若い成長(グロース)株、などに投資しているのなら、それは私の言う真の長期投資ではないので論外です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*