感染者爆発のタイ、プーケット・サンドボックスでタイに入っても国内線が止まって右往左往

かぶとたいぞうです。

タイはワクチン2回接種済みの外国人を段階的に隔離無しで入国させる制度を進行中です。

その第一弾がプーケット・サンドボックスと呼ばれる制度で、プーケットに限り滞在可能で、一定期間を過ぎたらタイ国内の他の地域にも行けるようになります。



段階的に外国人観光客に国を開くタイ

プーケットに続いてサムイ島でもサムイ・プラスという似た制度が進行中です。そして9月になったらパタヤでも似たような取り組みが予定されていました。

私は当初、自分のワクチン2回接種終了がいつになるか分からないと思って諦めておりました。

私もタイに行けるかも

しかし、はからずも自分が「基礎疾患を有する方」として優先接種者に該当することがわかりました。

そして既に1回目のワクチン摂取を終えて、8月中には2回目の接種も終わる予定です。

【関連性の高い記事】



行けると思ったらタイで感染者爆発

それでタイへの渡航が現実味を帯びてきたと喜んでいたところに、タイで新型コロナ感染者が爆発。タイ国内では今、毎日2万人の新規感染者が出ているようなのです。

タイで感染者爆発:kabutotai.net

それを受けてタイ政府は、またいろいろなところを封鎖しているようで、交通機関も止まっているようです。

プーケット・サンドボックスでプーケットに入った人たちは

せっかくプーケット・サンドボックスで先行してタイに入った人たちは、バンコクに移動する国内線旅客機も長距離バスも止まり、足止めを食っているようです。

タイ政府は急遽プーケットからバンコクのスワンナプーム国際空港までのバスを仕立てて1500バーツで乗せているようですが、おそらく他にもいろいろと制約があってタイを自由に楽しむというイメージとは程遠いでしょう。



ワクチン接種率の高い国の人たちが利用するが

プーケット・サンドボックスの利用者は米国人がもっとも多かったようです。それは米国のワクチン接種率が高いからだと思います。

今後は日本も含め、いろいろな国が観光客獲得と経済再生のためにタイに習って、ワクチン2回摂取を条件に観光者に国を開くと思います。

国内のワクチン接種率が低く感染者が増えると観光にならない

しかし国内のワクチン接種率が低いと、今回のタイのように国内環境が整わず、結局はうまく行かないと思います。

せっかく観光客が来ても、飲食店はやっていない、娯楽施設もやっていない、美術館など公共施設もやっていない、交通機関も止まっているじゃ何の観光にもなりません。そんな面白くないところへは誰も来なくなるでしょう。



日本もこのままでいくと

日本もこのままで行くと感染者爆発で飲食店も娯楽施設も何もかも閉鎖することになるかもしれません。都市封鎖で移動もできなくなるかもしれません。

そうしたら、いくらワクチン2回接種済みの外国人観光客を誘致しても誰も来ないでしょう。

やっぱりどこの国も国内のワクチンの摂取率を上げない限り、どんなことをやってもだめかもしれません。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*