【米国株】JNJジョンソン・エンド・ジョンソンから配当が増配で入ってきました

かぶとたいぞうです。

今朝起きてみると、ジョンソン・エンド・ジョンソンから配当通知がありました。

JNJ:kabutotai.net

配当金額を見ると、前回3月の時は1単位(1株、四半期)1.01ドルだったのが、今回は1単位1.06ドルに増えていました。



ジョンソン・エンド・ジョンソンは59年間連続増配

増配の決定と発表は4月くらいにあったのだと思いますが、最近は安心しきっていますので細かくは見ておりません。配当が送られてきて初めて今回の増配を知った次第です。

とはいえ、NJNは59年間も連続で増配している会社なので、安心しても差し支えないと思っています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン増配率は5%

1株に付き0.05ドル、配当は年間4回出ますので、1株に付き年間で0.2ドル(20セント)の増配です。

増配率は

(1.06-1.01)/1.06

≒5%です。



配当が徐々に増えるのは嬉しいし安心

私の持ち株数では、1ヶ月につき数百円の増加にしかなりません。しかし、わずかとはいえ毎年少しずつ配当が増えるのは嬉しいです。

老後資産が少しづつ、少しずつ、増えていくというのは安心です。NJNがこの調子で増配を続けてくれたら、そのうちに1ヶ月に付き何千円も増えるような気がします。

これからの日本は支出が増えてお金が減る話ばかり

これからの日本は支出が増えて生活費が削られるいっぽうです。

介護保険料の徴収が徐々に増やされて、年金の受け取り金額は少しづつ、少しずつ、減らされていきます。

消費税が徐々に上がって、使えるお金が少しずつ、少しずつ、目減りしていきます。

高齢者の医療費自己負担率が徐々に上がり、生活費が少しずつ、少しずつ、圧迫されていきます。

高額医療費の限度額の条件が厳しくなって実質負担が徐々に増え、生活に使えるお金が少しずつ、少しずつ減ってきます。



物価も上がるかもしれない

さらに物価が上がれば収支のバランスが狂い、貯金がどんどん減っていくでしょう。

だから、ほんの少しずつでも収入が増えていくのはありがたいのです。

私のポートフォリオは増配株ぞろい

私が今持っている米国株は、JNJと同様に何年も連続で増配している会社ばかりです。

【関連性の高い記事】

老後の生活防衛を考えたとき、本当に頼もしい鉄壁のポートフォリオだと思います。



貯金と年金だけでホントに大丈夫?

私はこのように毎年少しずつ配当収入が増えていく仕組みを作ったので老後は安心です。

しかし貯金と年金だけの人は不安ではないのでしょうか。

まぁ使い切れないぐらいの貯金を持っている人は安心なのでしょうが。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*