【老後の資金不足問題】老夫婦の平均生活費は1ヶ月36万円って本当?

かぶとたいぞうです。

ネットニュースを閲覧していたら、「老夫婦の平均生活費は1ヶ月36万円」という記事を発見しました。

何か意図があって読者を不安に陥れているのでしょう。バカバカしいのでサラッとしか読まなかったのですが、貯金は2千万円あっても足りないとか書かれていました。



3年前の総務省の発表では235,000円だった

数年前に総務省が発表した「2018年の家計調査年報(家計収支編)」でさえ、高齢者夫婦2人世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の生活費平均で235,615円でした。

昔の高齢者の中には結構な年金をもらっている人がいます。たくさん貰えばたくさん使うのは当たり前です。あるから使うのです。

その後家計支出は減ったはず

2018年から3年経った今、年金はどんどん減らされ、コロナ禍で生活レベルを下げた老夫婦も大勢います。将来に対する漠然とした不安から、多くの人たちが消費を抑えています。

「老夫婦の平均生活費は1ヶ月36万円」は脳みそからお花が生えてきている人の妄想としか思えません。

もちろん平均だと言うのですからバラツキがあるのでしょう。



1ヶ月10万円も使っていない人もたくさんいる

私なんか1ヶ月10万円も使っておりません。ローンの終わったマイホームがあり、子どもたちに手がかからなくなった今、お金の使いようがないのです。別に我慢しているのではありません。十分老後生活をエンジョイしても1ヶ月の支出は10万円未満なのです。10万円あれば悠々自適です。

私みたいな人が世に中にはたくさんいますから、平均で36万円だと言うなら、逆算して毎月56万円も使う老夫婦がたくさんいなければ計算が合いません。一体どうやったら年寄り2人で毎月56万円も使えるのでしょうか。

不安を煽るのもいい加減にしろ

老後資金不足問題に絡めて不安を煽る人たちがいます。なにか意図があるのでしょうが、人を不安におとしいれるのもいい加減やめてほしいです。

人間は無いなら無いなりに工夫をして生活ができるのです。

お金がなくても生活をエンジョイできるのです。



「足りない」思想から「足ることを知る」思想へ

「無い、無い」、「足りない、足りない」と無い物ねだりして不安に思うのではなく、「足ることを知る」ことが心の平安に結びつき、幸せな気持ちになれるのです。

足ることを知る:kabutotai.net

「足りない」と思っている人にはお金がいくらあってもたりません。考えが足りないからです。

もう「足りない」思想から脱却して「足ることを知る」思想に頭を切り替えましょう。幸せになるにはそっちのほうが早いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*