ブログ読者から玉石混交のコメントやメール、会いたいと言われても

かぶとたいぞうです。

ブログを書き始めて1年半。最初は誰にも読んでもらえなかったこのブログにも、お陰様で多くの読者がつきました。ありがたいことです。



読者が増えてくると、コメントを書いて下さる人も出てきます。また、メールアドレスを開示しているので、直接メールを送って下さるかたもいらっしゃいます。たいへん嬉しいです。



励まし、批判、玉石混交のコメントやメール

内容はまちまちです。

応援のメッセージや共感のメッセージはたいへん嬉しく、ブログを続ける励みになります。

いっぽう、攻撃的で批判的なメッセージを頂くこともあります。

コメントやメールはまさに玉石混交です。

たいていは素直に受け止めて、私の「気づき」にさせて頂きます。しかし中には「いちゃもん」としか思えないメッセージもあるのです。

刺青の記事に寄せられた攻撃的なコメント

特に刺青に関して書いた記事には多くの反論メッセージを頂きましたが、中には口汚く感情的に攻撃してきたり、私の人間性を完全否定するようなコメントもありました。

【関連性の高い記事】



カマをかけてくるいちゃもんコメント

また、パタヤの庶民的なエリアで物価が安いことを紹介した記事には、「パタヤに実際に住んだことのない人が書いた記事だということがバレバレだ」とのコメントが寄せられたこともあります。

【関連性の高い記事】

私が実際に見たことをその日その場で書いたのに、いったいどこが「住んでいないことがバレバレ」なのか。

情報の間違いを指摘してくれるならありがたいですが、適当にカマをかけていちゃもんを付けられた気分です。

勉強不足だ

最近だと、「2年以内に米国株が大暴落すると言われているが、そうなるとは限らない」という内容のことを書いた記事に、「それはあなたの勉強不足だからだ」とコメントを書いて下さった女性の方がいます。ただ「勉強不足だ」と言うだけで、どこがどう勉強不足なのか説明も指摘もありません。

私はよく勉強した結果、暴落するとは限らないという結論に至ったのです。実際、米国株は上がり続けています。

【関連性の高い記事】



意味のない批判コメントは削除

これらのコメントは掲載せずに削除しました。掲載しても他の読者のかたの役にたつとは思えず、かと言ってコメントに対する反論を書こうという気にもなりません。

「アンチが増えるのはブログの人気が出てきた証拠だ」とどこかのブロガーが言っていましたので、喜ぶべきことなのかもしれません。

しかし気の弱い私は気になります。

私に会いたいというメール

そんな中で時おり、「ぜひ会いたい」「会って話がしたい」「食事をしたい」という内容のメールを頂くことがあります。

大変ありがたいことです。

昔の私ならすぐに会うでしょう。でも今の私にはできません。

玉石混交のコメントやメールの中から真の友情を見つけだす事は困難です。

刺青の件で私の人格を全否定した攻撃的な読者が名前を変え、雰囲気を変え、口調を変え、「共感した、ぜひ会いたい」とメールしてくることも可能なのです。

そのようなアプローチでブロガーの素性を掘り起こして晒すのを趣味にしている人もいると聞きます。



ネットで知り合った人とは簡単には会えない

「ぜひ会いたい」と私にメールを贈ってくれた人は決してそういう人ではなく、心から私に会いたいと思ってくれたと私は信じています。

でも今の私は会うことができません。ネット社会の怖さを知ってしまったからです。

私はこれからもリアル友達、リアル知り合いとしか会わないと思います。

でも、頂いたメールには可能な限りメールでお答えします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*