母の死に際して

かぶとたいぞうです。

私ごとですが、実母が息を引き取りました。

それで昨日はブログを更新できませんでした。

今日も書けないかなと思ったのですが、書きます。

満92歳で老衰で安らかにあの世に旅立ちましたので、悲しみも後悔もありません。

むしろ母が死んだことにより、一緒にいられる時間ができて嬉しく思っています。

母は最後は特別養護老人ホームで息を引き取りましたが、コロナでずっと面会謝絶だったのです。

それが衰弱していったので施設から連絡が来て、特別扱いで母の個室に入ることができました。

臨終に立ち会えて良かったです。

無事に見送りを終えて、今は私の自宅にて一緒に過ごしています。

母は仏になったので、時空間の縛りから開放されました。だから今朝も私の家で一緒にご飯を食べました。

死んで生きたのです。

つまり、母は死んだことによって自由にどこにでも行けるようになって、私の家にも来ることができたと私は解釈しているのです。

おかしな解釈かもしれませんが、今私はそう感じています。

今日はこれから家の畑でとれたキューリで、母の好きなキューリの塩揉みを作ろうと思っています。

そういうことなので、短いですが今日はこれくらいで失礼いたします。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*