【米国株長期投資のススメ】上がったら売り下がったら買うは、うまくいかない。フィリップモリスの実例

かぶとたいぞうです。

米国株が下がってきていますが、こういう時にこそ、長期投資をおすすめします。

株は上がり下がりを気にせずに、なるべく安く買って、買ったらずっと持ち続けるのが一番いいのです。



安く買って高く売れば儲かるが

もちろん株は安く買って高く売れば儲かります。それは誰でも分かっていることです。しかしそれは簡単に思えて実はすごく難しいのです。

だから上がり下がりで儲けようとするより、配当だけを狙って最低10年、ないしは死ぬまで持ち続けるほうが勝率は高いのです。

株の上がり下がりで儲けるのが難しい理由

株の上がり下がりで儲けることが難しい理由は、株がいつ安くなるのか、いつ高くなるのか誰にも分からないからです。予想してもなかなか当たりません。

それどころか、今の株価が安いのか高いのかさえ、実は誰にも分からないのです。

株価が今後上がれば、今の株価は安いのです。株価が今後下がれば、今の株価は高いのです。でも株価が今後下がるか上がるかが分からないのですから、今の株価が安いのか高いのかも誰にも分からないのです。



フィリップモリス

株の売り買いで儲けることが難しいことを説明するために、私が実際に体験したフィリップモリスの株で実例をご紹介しましょう。

私はフィリップモリスの株を5年以上前から持っていますが、フィリップモリスの株を売ろうと思ったことがあります。フィリップモリスに見切りをつけたからではありません。高い時に売って、安くなった時に買い戻せば差額が儲かると思ったからです。

フィリップモリスの株価は70ドル台前半から85ドルだった

今から3、4年前。フィリップモリスの株価は70ドル台前半から85ドルくらいを行ったり来たりしていました。

85ドル近辺になると、決まって下がっていき、72、3ドルまで下がるとまた上がっていくのです。まるで振り子のように周期的に上がり下がりを繰り返しておりました。



儲かると思った

私はそれを見ていて、今度85ドルくらいまで上がった時に売ろうと思いました。

そしてその後実際に85ドルになったのですが、売ることを決断できず、そのまま持っていました。

するとやっぱりフィリップモリスの株は下がっていき、70ドル代前半で折り返してまた上がってきました。

後悔した

私は売らなかったことを後悔しました。どうして決断できなかったのかと悔しく思いましたが、仕方がありません。次に85ドルまで上がったら、今度こそ売ろうと思いました。

1年後。またフィリップモリス株が85ドル付近まで値を上げました。今度こそ売ろうと思ったのですが、その時にふと思いました。



何を思ったか

「売って1年後に買い戻すとしたら、配当が1年間入ってこない。フィリップモリスの配当率は5%くらいだから、少なくとも5%以上の売買益がなければ得ではない」

「いや待てよ。リスクを考えたら、配当率の3倍くらいの利益率がなければやる意味がない。だって、配当は何もしなくても確実に入ってくるのだから」

計算してみた

5%の3倍は15%。85ドルの15%は12.75%です。だから、85ドルで売ったフィリップモリスの株価が1年以内に72.25ドルまで下がって買い戻さなければ、得をしたとは言えないと思ったのです。

もし1年経ってもフィリップモリスの株価が思ったほど下がらず、2年も3年も経ってから買い戻したなら、その間に配当が受け取れないからそれほど得をしたことになりません。いや、それどころか、フィリップモリスの株価がどんどん上がっていき、売った時の株価以下では買い戻せなくなる可能性だってあるのです。



またもや思いとどまった

私はフィリップモリスの株を売るのを、またもや思いとどまりました。

そしてその後、フィリップモリスの株価はどんどん上がっていき、とうとう90ドルを突破。現在では90ドル~100ドル付近で推移しているのです。

そうです。あの時、思いとどまって正解だったのです。

あの時に85ドルで売っていたなら、その後買い戻せなかったか、あるいは高値で買い戻して悔しがったでしょう。

株価とはそんなものです。

いま米国株は下がっているが

現在米国株は下がり傾向です。今後もっと下がると予想する人がたくさんいます。私ももっと下がるような気がします。

今持っている株を売って、株価がもっと下がった時に買戻せば得をするに決まっています。

でも私がそうしないのは、今後株価が下がるとは限らないからです。



買い戻しがうまくいっても儲かるとは限らない

たとえ思った通り下がって、後に安く買い戻したとしても、配当に比べてどれだけ多く儲かるかは分かりません。買い戻すまでに3ヶ月かかるのか、3年かかるのか分からないからです。

それに比べて株をだまって持っていれば、配当は確実に入ってきます。

リスクと手数料と手間

リスクと売買手数料と手間を考えたら、だまって何年も持っていたほうが絶対に得だと思います。

それに優良株なら増配します。配当が年々少しずつ増えるのです。



長期投資

フィリップモリスも代表的な増配銘柄の1つなのです。

フィリップモリスに限らず、増配する優良企業の株をだまって何年も持っている方が絶対に得です。

一度に大きく儲かることはありませんが、毎年確実に儲かるのです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*