【米国株】薄氷を踏む思い。いつ弱気相場入りしてもおかしくないS&P500

かぶとたいぞうです。

昨夜の米国株は、開始早々下がっていき、あわや「弱気相場」再突入かと思われました。

その後回復しましたが、S&P500の終値は前日比0.8%安。まるで薄い氷の上を歩いているような思いです。いつズドンと落ちて弱気相場に入ってもおかしくありません。



この5営業日のS&P500の値動き

薄氷を踏む思い:kabutotai.net

ご覧の通りS&P500は先週の金曜日に一瞬弱気相場入りしました。弱気相場とは過去52週(約1年)の最高値から20%以上値下がりすることを指します。

昨夜はハイテク株、グロース株が下がった

今週の月曜日はやや持ち直しましたが、昨夜はまた下がり、極めて危険な状態です。

NYダウは昨夜ちょっとだけ上がりました。ナスダックは下がりました。

下がったのは主にハイテク株、グロース株です。生活関連のバリュー株が逆に上がり、私の持ち株ポートフォリオも上がっております。



次はバリュー株が下がるかもしれない

しかし、前にもそんなことがあって、翌日にはバリュー株が大きく下がっております。

バリュー株とグロース株はシーソーのように、交互に上がり下がりするだけの場合が多いので、バリュー株だって安心はできません。

「薄氷を踏む思い」の短期投資家

米国株は今週中にも弱気相場入りするかもしれず、まさに「薄氷を踏む思い」で相場を見ている投資家が多いのではないでしょうか。

特に売り時を探っている短期投資家は気が気でないと思います。



バイ&ホールド型の超長期投資家は心配していない

私はバイ&ホールド型の超長期投資家なので、まったく心配はしておりません。

最初から売る気がないのですから、株が上がろうと下がろうと興味がないのです。

あえて言えば、買い足すために、株が下がってくれたほうがむしろ嬉しいぐらいです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*