【健康と医学や栄養学の常識を疑え】給食のマーガリンを無理やり食べさせられた日々

かぶとたいぞうです。

世の中は健康ブームです。

私が泊まっている那覇のホテルの部屋ではBS放送を見ることができます。必殺シリーズなど昔の懐かしい時代劇が見れるので、時々見ます。

年配者が多く見るからか、健康サプリや健康食品などのコマーシャルが途中に入ります。



様々なサプリや健康食品

目に良いサプリ、膝関節に良いサプリ、美容と健康にいい食品、若返りの食品、などなど。

そんなのを見ていると「本当かなぁ」と疑ってしまいます。

健康に良い食品とか成分とかの常識はけっこう変わるからです。

まだ知られていない健康成分がいっぱいあると思う

まだ知られていないビタミンとかミネラルの働きとか、酵素や腸内細菌の働きとかがたくさんありそうです。

まだ知られていない有害物質もたくさんありそうです。

だから人間はなるべく自然のものを偏りなくいろいろ食べたほうがいいような気がするのです。



無理やり食べさせられたマーガリン

私が小学生の頃、給食によくマーガリンが出ました。

マーガリンの銀紙の包を開いて、コッペパンにマーガリンをなすり付けて食べろと言われました。

私は給食は好きで、残したことはありませんでしたが、マーガリンだけはだめでした。

マーガリンの化学的な味

冷たいパンになすり付けた半固形のマーガリンは、いかにも化学的な味がしました。苦いというか、変な味でした。ジンマシンが出ました。

しかし当時はマーガリンが体に良く、バターは体に毒だと言われていました。マーガリンは植物油で作られているので血液がサラサラになり、いっぽうバターは動物性なので血液がドロドロになり、脳溢血になると言われていたのです。



クラスメイトはマーガリンに慣れていたが

世の若いお母さんがたは情報が早いのでクラスメイトの家庭もマーガリンになっていたようでした。だからみんなは抵抗なくマーガリンを食べていました。

しかしうちの両親は歳だったので、我が家ではバターしか食べませんでした。

学校で初めてマーガリンを食べたのです。

マーガリンを半分残したら、担任の先生にこっぴどく叱られた

私がマーガリンを半分残すと、当時2年生の時の担任の女の先生にこっぴどく叱られました。

家ではバターしか食べたことがない旨言うと、よけいに怒られました。「あんたのお母さんは非常識だ、栄養と健康の常識がまるでない」とまで言われました。

それ以降、給食にマーガリンが出るたびに、がまんして食べましたが、やっぱり変な味でした。



現在マーガリンは

今現在、マーガリンを健康に良いと思って食べる人はいないと思います。マーガリンやショートニングに多く含まれるトランス脂肪酸が体に有害なことが分かったからです。

このように栄養と健康の常識は変わるのです。

栄養と健康の常識は変わる

私の子供の頃は体に良くないと言われた青魚の油が、今では薬扱いです。

つい最近まで1日1個が限度、それ以上食べたら寿命が縮むと言われていた鶏卵も、今ではそんなことを言う人はいなくなりました。



サプリの謳い文句

「ビタミンCがレモン100個分」と謳われているサプリは、レモン100個で作ったわけではありません。本物のレモンを1個でも食べれば、ビタミンC以外の各種ビタミン、ミネラル、その他有用有機物、食物繊維など、素晴らしい自然の恵みもふんだんに得られます。

逆にサプリは溶剤に何を使ったか分からず、極めて化学的な残存物が多く含まれている可能性があります。

私は自然のものだけ食べる

私は薬も飲みません。サプリも飲みません。加工食品もなるべく避け、自然のものを自然な形で食べます。素材を自分で味付けして食べます。

よく知られている「体にいいもの」だけではなく、何でも食べます。



「体にいいもの」

現在脚光を浴びている「体にいいもの」も、ちょっと前まではまったく人気がなかったものが多いです。

体に良い食べ物や成分なんて、まだまだ解明されていないもののほうが多いと思います。だから何でも食べたほうがいいと思うのです。

例えば豚足

私は小さい頃から豚足が好きでした。父がよく食べていて私ももらって食べたからです。大人になっても食べました。しかし周りからはゲテモノ食いだと言われました。「よくそんなもの食べれるなぁ」とも言われました。

それが今では、コラーゲンが豊富で美容と健康に良いと評判です。女性がこぞって食べています。



私が豚足を食べる理由は

私は那覇でもスーパーで生のテビチを買い、部屋でよく煮て食べています。

流行っているからでも美容と健康にいいからでもありません。好きだからです。

ホルモンでも何でも食べる

同じ理由で、ホルモン(沖縄では中身)も豚の脂身も、鶏皮も、鶏の砂肝も、飯ずしも、納豆も、べったら漬けも、キムチも、生のピーマンも、玉ねぎも、ゴーヤも、何でも食べます。すべて美味しいです。

好きだからといって毎日同じものを食べるのではなく、どんどん変えていきます。バラエティ豊富な献立にします。

私にとってはそれが自然で心の赴く通りだからです。



薬もサプリも要らない

こういう食生活をして、毎日散歩していれば、薬もサプリも健康食品も不要だと思うのです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*