北海道の郊外の一般道は暴走運転の無法地帯、小さいバイクはナメられて煽られるから恐ろしい

かぶとたいぞうです。

世の中にはイジメのようなものが各分野にありますが、車社会にもあります。

今回、小型自動二輪で北海道を一周して分かったのですが、郊外の道を走っていると、やっぱり自動車に煽られたり、横をギリギリ走られて恐ろしい目に会います。



大したことのない奴がイジメる

学校のイジメは、弱い奴、中途半端な奴が、より弱い奴をイジメるケースが多いですが、車社会も同じで、小型自動二輪(スクーター)を煽る車はたいてい小さな車です。1000ccとか1300ccクラスです。

軽自動車で煽ってくる人は流石にいません。自分も煽られる立場だからでしょうか。

他のライダーも煽られているようだ

私の運転が悪いから意地悪されるのかなと思い、他のライダーに聞いてみると、やっぱり速度を下げて運転していると煽られる事が多いようです。

速度を下げて運転すると言っても、一般道で時速60キロ以上は出して運転しているのに煽られると言うのです。



小さなバイクは煽られる

煽られるのは決まって125ccクラスの小型自動二輪です。大きなバイクは煽られません。きっと大きなバイクはイザとなったら自動車より早く、追いつかれるからだと思います。

もう北海道を1ヶ月以上バイクで旅しているという、スーパーカブ(110cc)のベテランライダーさんが言ってました。

わざわざ同じ車線で追い抜く車

「北海道の田舎道は信号が全くなく、ストレスを感じずに運転できる。たから楽しい。でも時折、右車線が空いているのに、わざわざ自分が走行する左車線を使ってバイクに接近しながらギリギリ抜いていく車があり怖い。どうして空いている右車線を使って追い越さないのか腹が立つ」



とろとろ走るな

「とろとろ走るな」というメッセージなのでしょう。

私も煽られるのが怖いので、違法ですが、状況のいい道なら時速70キロくらいで走ることがあります。それでも抜かれます。きっと時速100キロ以上出しているのではないでしょうか。

北海道の郊外の一般道は無料の高速道路なのでしょうか。

警察は標語だけ

「ゆっくり走ろう北海道」など、良いスローガンや標語はありますが、実際の北海道の郊外の道は無法地帯です。

今の時代は車にGPSを取り付けて速度を監視することなんて簡単にできます。全ての車にGPSを取り付けて警察にデータ送信すれば、皆んな法定速度を守るでしょう。



グーグルがやっていること

グーグルがやっていることなので警察だってできるはずです。グーグルマップはユーザーの走行速度と道路の混み具合から、目的地までの残り時間を正確に予測しています。GPSの移動距離からユーザーの速度を計測しているのです。

警察だって技術的には似たようなことができるはずなのにしないということは、政府も警察も暴走運転を容認しているのでしょう。

警察がなぜGPSを使った計測をしないのか

警察がGPSを利用した速度の計測をしないのは、自動車メーカーへの忖度もあるのかもしれません。未だに自動車メーカーはスピードを売りにしています。スピードを出せないならスピードを出せる車が売れなくなるかもしれません。



かくして池袋暴走事故が起こる

だから池袋のような悲惨な事故が起きるのです。北海道の郊外の道路がサーキット場になるのです。そして死亡事故が後を絶たないのです。

はやく郊外の道を時速60キロで運転しても煽られない世の中にしてほしいです。

私はゆっくり走りたいのです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

“北海道の郊外の一般道は暴走運転の無法地帯、小さいバイクはナメられて煽られるから恐ろしい” への2件の返信

  1. たいぞうさま
    いつもバイク旅、楽しく読ませて頂いています。
    私は今月22日に日本へ帰国し、現在横浜で自主隔離中です。
    毎日、MySOSというアプリで健康状態を報告するほか、ホテルで真面目に待機しているかビデオ通話(毎日30秒)で監視されています(笑)。
    また、Google Mapで常時位置情報を追跡されているので、用事以外で外出するのも憚られます。
    昨年帰国時は監視体制はユルユルでしたが、今年はとても厳しく感じられます。
    9月始めには北海道へ戻れるので、ワクチンを2回接種したり、用事を済ませたりしてから、冬が訪れる前の11月中には再び訪タイしようかと思っています。
    たいぞうさんはいつ頃パタヤに戻られる予定ですか?

  2. オオツカヒロシ様
    かぶとたいぞうです。

    いつも貴重な情報ありがとうございます。

    そうですか、帰国されましたか。隔離生活は大変だと思いますが、元気でお過ごしください。

    私は既にワクチン2回接種済みなので、いつでもタイに戻りたいのですが、現在はタイのほうが大変な状況だと聞いています。

    今後の様子を見ながら考えますが、できれば年内に1回はパタヤに行きたいと思っています。

    その際はまたいろいろ教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*