【バイクで北海道一周】回顧録:旅をするにはやっぱり少しのお金と自由な時間が必要だ

かぶとたいぞうです。

北海道1週バイクの旅の最後のほうで、上富良野に泊まった時に大雪山の吹上温泉の湯に浸かりました。

湯も良く景色も最高でした。

トムラウシ登山のスタート地点ともなる吹上温泉から大雪の雄大な景色を見ていた時、ふと、トムラウシの遭難事件を思い出しました。

もう10年以上も前の話です。



トムラウシ山遭難事故

ウィキペディアには次のように書かれています。

トムラウシ山遭難事故(トムラウシやまそうなんじこ)は、2009年7月16日早朝から夕方にかけて北海道大雪山系トムラウシ山が悪天候に見舞われ、ツアーガイドを含む登山者8名が低体温症で死亡した事故。夏山の山岳遭難事故としては近年まれにみる数の死者を出した惨事となった。

余裕のないスケジュールが起こした痛ましい事故

当時は登山ブームでした。東京などから北海道の山を登る航空券付きの格安な登山パッケージツアーが多く出回っていました。

ツアースケジュールには余裕がなく、多少の雨でも無理をしなければならなかったのでしょう。帰りの航空券の日程変更ができなかったのだと思います。



旅のスケジュールには余裕が必要

これが余裕のある個人旅行なら、雨が降れば山小屋にもう1日泊まって雨が止むのを待つこともできます。帰りの飛行機も手数料を払って変更できます。

雨宿り:kabutotai.net

今回の私のバイク旅も、余裕のある個人旅行だったので、雨が降ればホテルに泊まったり日程を変更することができました。

旅をするにはやっぱり少しのお金と自由な時間が必要

旅をするにはやっぱり少しのお金と自由な時間が必要だと思いました。

釧路で冷たい雨に打たれた時には、無理をしないでホテルに泊まりました。

ホテルと言っても1泊5千円の安宿です。それほど贅沢な出費ではありません。



ほんの少しのお金の余裕で十分

しかしお金に不自由していたら、その5千円の出費すら躊躇したかもしれません。

何万円も何十万円ものお金は必要ありませんが、イザというときに1万円や2万円の予定外出費を躊躇なく出せるくらいの余裕がなければ、安心な旅はできないと思いました。

お金より時間のほうがもっと大事

お金よりもっと大事なのは時間です。現代人は時間に余裕がありません。

私には時間がたっぶりありますから、戻ってくるのが1日や2日遅れても何らの問題もありません。

しかし、時間に余裕のない人ならギチギチのスケジュールを組み、雨の中を無理して走行して事故を起こす可能性があります。



バイクや自転車、徒歩の旅、登山などは天気に左右される

天気は分かりません。予想外の雨が何日も続くこともあります。強風が吹くこともあります。

車や電車、バスなどの旅は別ですが、バイクや自転車、徒歩の旅、登山などは天気に左右されます。時間に十分な余裕がなければなりません。

多少のお金と十分な時間

世の中にはお金はあるけど、時間に余裕がないという人がたくさんいます。逆に、時間はいくらでもあるけど、お金がないという人もたくさんいます。

いずれも自由な旅はできません。



私は幸せだ

私には多少のお金とたっぷりな時間があります。旅人にぴったりです。本当に幸せだと思います。

ごきげんよう。

【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*