私はビットコインには手を出さない

かぶとたいぞうです。

「かぶとさんはビットコインには興味がないのですか?」とか「ビットコインについてはどのようにお考えですか?」とかと聞かれることがあります。

ビットコイン:kabutotai.net

私はもとSEなので、ビットコインの仕組みの根底にあるブロックチェーンには大いに興味があります。マイニングにも興味があります。

また、私は世界を旅していますから、世界中どこでも使える自由な共通通貨があればいいと前から考えておりました。

だからビットコインには期待しているし、将来は私も通貨として利用したいと思っております。



ビットコインには興味もあるし期待もしていが

しかし投資対象としてはまったく興味がありません。

私にとってビットコインは投資対象ではありません。普及したら使いたいと思っているだけです。

私にとってビットコインが投資対象ではない理由

投資対象でない理由はビットコインが不安定だからです。

私は老後資金を手堅く堅実に運用しています。食品、医薬品、生活用品などのメーカーの株を中心に投資して配当を頂いております。

【関連性の高い記事】



仮想通貨はまだ不安定

ビットコインでも他の仮想通貨でも言えることですが、これらの仮想通貨は各国の法令や社会情勢などによって価値が大きく変わる可能性があります。

また、どの仮想通貨が普及してどの仮想通貨が衰退するかも分かりません。

私は投機をしない

だからこそ価値が大きく上がるチャンスがあり、格好の投機対象となるのでしょう。しかし私は投機をやりません。

私は投資しかしません。それも老後資金の堅実な運用で精一杯です。投機にまわすお金の余裕はありません。



ビットコインは「通貨」としてもまだ使えない

また、ビットコインは通貨として見てもまだ不安定で、買い物や代金の支払い手段としてはまだまだ有効とは思えません。価値が乱高下しすぎです。

だから通貨としてもまだ持っておりません。

ビットコインが「通貨」として使えるようになったら持つだろう

ビットコインに限らず、仮想通貨の価値がもっと安定して、世界中に普及して、世界中どこでも簡単に使えて、しかも盗難等の心配がなく、クレジットカードの手数料よりうんと安ければ、私は使うに決まってます。

私の家には現在、日本円の他にタイバーツ、米ドル、カナダドル、ユーロ、中国元、コロンビアペソ、メキシコペソなどの小額紙幣がいっぱいあります。どれもみな旅先で使い切れず余ったお金です。これらが一つになるだけでもありがたいです。



ビットコインが早く使えるようになってほしいが、投資対象としては興味ない

ビットコインなどの仮想通貨が早く通貨として安定的に普及することを願っています。

しかし投資対象、または投機対象として手を出す気は毛頭ありません。

ビットコインの存在は3年以上前から知っていたし、買うチャンスはいくらでもありましたが、買おうと思ったことは一度もありませんでした。

これからも通貨としても使えるようになるまでは、買わないと思います。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*