チェンマイのイミグレーション(入国管理局:入管)が移転した

かぶとたいぞうです。

チェンマイのイミグレーション(入国管理局)が移転しました。2018年9月24日より下のマップで示された場所で業務を開始しています。



空港近くに移転したチェンマイの新しいイミグレーション

イミグレーションの場所地図



私は、滞在期間の1ヶ月延長を申請するために、昨日(2018年9月26日)に行って来ました。真新しい建物です。

入国管理局の概観

空港から歩いて5分ほどですから、cityバスを利用して空港から歩けます。

プロメナーダにあった以前のイミグレーションは閉鎖

実は、イミグレーションが移転したことを知らずに、最初私は移転前の場所に行ってしまいました。チェンマイ東外れの郊外にある「プロムナーダ」という場所です。

プロメナダの場所

以前は不便な場所で、トゥクトゥクで行くしかなかったのですが、cityバスが開通したことを知り、喜び勇んで行きました。そして現地まで行って移転を知らされたのです。

プロメナーダ外観

皆さんは間違えないようにして下さい。



チェンマイの新しい入国管理局にもコピー、写真サービス有り

さて、空港近くの新しいイミグレーションの情報です。

建物の右にコピーや写真を撮ってくれる小屋があります。コピーは1枚2バーツ、写真は4枚で100バーツ。

コピー小屋

イミグレーションの建物の入り口付近に「前裁き」をしてくれる職員がいます。まず、箱に入っている申請用紙をもらい、記入してパスポートと各種コピーを添えて「前裁き」に提出します。

イミグレーション入り口の前裁き

「前裁き」は書類を確認し、全て整っていたら、書類一式に番号の書いた紙(キュー)をホチキスでとめて返してくれます。

その書類を持って建物の中に入り、案内ディスプレイに自分の番号が表示されるのを待ちます。

案内ディスプレイ

自分の番号が表示されたら指定の窓口に書類一式を渡して、自分の名前が呼ばれるのを待ちます。

私の場合は2時間くらいですべて終わりました。無事に1ヶ月延長ができました。

知らないで以前のイミグレーションの場所に行ってしまったのが骨折り損でしたが、最初から新しい場所へ行けば簡単に手続きが済んだでしょう。

帰りは空港から出ているcityバスで街まで戻ります。

空港から出ているcityバス

みなさんのお役に立てば幸いです。

ごきげんよう。



【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*