グーグルアドセンス(Google AdSense)、2019年1月の収入

かぶとたいぞうです。

このブログにグーグルアドセンス広告を載せて7ヶ月目です。今月は初めて広告料の入金がありました。

【関連性の高い記事】

PV(ページビュー)も広告料もほんの少しずつですが、成長していると思います。今月も1ヵ月間の実績を報告します。



その前にグーグルアドセンスとは

グーグルアドセンスに関する記事を初めて読む方のために、いつもどおり概要説明から入ります。ご存知のかたは読み飛ばしてください。

グーグルアドセンス広告とは、自分のブログなどのサイトにGoogleの提供する広告を張り、読者などサイト訪問者が広告をクリックすれば、Googleからブログ主、サイト主に手数料が入る仕組みのことです。

はやく言えば、ブログに広告を載せて広告料を稼ぐ仕組みです。

広告を載せるだけでは広告料はもらえません。読者が広告をクリックすればもらえます。また、クリックするだけでよく、その先で読者が買い物をするかどうかは関係ありません。

詳しくは次の過去記事をご覧ください。

【関連性の高い記事】



2019年1月の広告収入、クリック数、クリック単価

2018年6月25日から広告を掲載しはじめましたので、毎月25日~翌24日までの1ヶ月で集計しています。

収入 クリック 単価
7月 352円 3回 117円
8月 287円 7回 41円
9月 1,548円 33回 47円
10月 1,194円 27回 42円
11月 3,023円 73回 41円
12月 3,261円 83回 39円
1月 4,259円 144回 29円

 

収入もクリック数も順調に伸びています。クリック単価は下がっています。

クリック単価に関しては、その時々の掲載広告の種類、広告主の都合などにより変わるようなので、あまり気にしても仕方がないと最近は思っています。つまり、年末年始は単価の安い広告が多かったのではないかと推測しています。

広告を掲載する場所(ページ内の位置)による広告効果をランキング(順位)でまとめてみました。。



広告掲載場所別のクリック数ランキング

  1. 関連コンテンツ(ページの下のほう)
  2. 本文の一番下
  3. ページの一番上
  4. 本文の中間(上のほう)

広告掲載場所別の表示回数ランキング

  1. 記事の下に3つ
  2. ページの一番上
  3. 本文の中間(上のほう)
  4. 本文の一番下


広告掲載場所別の広告収入ランキング

  1. ページの一番上
  2. 本文の中間(上のほう)
  3. 関連コンテンツ(ページの下のほう)
  4. 本文の一番下

広告掲載場所と効果の分析

ページの上のほうが表示されやすいのは当たり前ですが、読者がクリックするのはやはり記事を読み終えた後、つまりページの下のほうが多いようです。

ところがどういうわけか、ページの上のほうに載せた広告の方が単価が高いようです。

関連コンテンツはクリック数ではダントツの1位ですが、単価が低いので、売り上げ順位では今月も3位でした(先月もクリック数では1位、売り上げでは3位)。

【関連性の高い記事】

これからも、ページの一番上、本文の中間と下、その下の関連コンテンツが広告のメインとなりそうです。



1月のPV(ページビュー)と検索結果からの訪問数

PV(ページビュー)などの実数はグーグルアドセンス規定で発表してはならないことになっています。だから、おおよその数だけを下の表にまとめます。

  • 検索=1日あたりの「検索からの訪問」件数
  • PV=1日あたりのおおよそのページビュー数
記事数 検索 PV
7月 80 2.4件 10-20
8月 110 9.8件 30-50
9月 134 45.1件 100-120
10月 161 60件 140-180
11月 190 85件 240-280
12月 221 97件 300-350
1月 253 123件 300-360

検索からの訪問が増えており、それによりユニークIPは1日ほぼ130に達しました。先月は100程度でした。

最近どういうわけか、Googleニュースに載ることが増えましたが、それによって訪問数やPVが増えたという実感はありません。

1日の平均ページビューはほとんど伸びていませんが、1月はかろうじて初心者ブログ第一のハードルと言われている月間1万PVを達成しました。

これからもがんばりますのでご支援お願いします。

ごきげんよう。



【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*