チェンマイ市内1日観光おすすめコース:名所スポット、散歩、食事、ナイトライフ

かぶとたいぞうです。

チェンマイに短期間旅行する場合の、もっともおすすめを凝縮した1日観光コースを考えてみました。



山岳少数民族の村、トレッキングツアーなどもあるが

チェンマイの旅行代理店やホテルの観光案内には、付近の村や自然を探索する少し料金の高い半日ツアーが多く用意されています。

カレン族や首長族など山岳少数民族の村を訪問するツアー、ゾウを見たりゾウの背に乗ったりするツアー、イカダ下り、山歩き・トレッキングツアー、もしくはそれらを適当に組み合わせたツアーです。

それらもいいのですが、それらは言わば観光者のために作られたツアーです。

【関連性の高い記事】

チェンマイの街の特徴、実態、日常を知るコース

私が今日ご提案するのは、これら作られたツアーではなく、チェンマイの街をよく知るためのツアーです。チェンマイ市の特徴的な部分を見たり体験するツアーです。珍しいものを見るのではなく、チェンマイの実態や日常を知るツアーです。

私のおすすめツアーは、1ヶ月以上チェンマイで生活した私の実体験をもとに、次の主眼で考えました。

  1. チェンマイの特性、特徴、「ならでは」を活かしたコース
  2. 効率的で無駄の少ないコース
  3. 安上がり、コストパフォーマンスの高いコース
  4. 楽しくて健康的なコース

私のごくごく親しい友達が、初めてチェンマイを訪れたとしたら、必ず連れていくだろうと思う場所を組み合わせました。

つめれば1日でまわれるコースになりますが、時間のある方は無理せず、2-3日かけてゆっくりまわってください。または、このコースを参考にして、他のものも付け足して、ご自分でオリジナルのコースを組み立ててください。



ドイステップ

まず最初に行って頂きたいのは、ドイステップです。チェンマイ市の西側に立つ山の上のお寺です。お寺も見ものですが、チェンマイ市街が一望できます。札幌で言うと藻岩山のようなものです。

ドイステップ本堂

チェンマイを訪問すれば1度は行ってみたいスポットです。ソンテウで安く簡単にいけます。朝から行けば昼には戻ってこれます。

【関連性の高い記事】

カオソーイ・メーサイ

チェンマイの名物といえばカオソーイ・メーサイですね。ココナッツ・カレー味のラーメンです。

カオソーイ・メーサイ

チェンマイにはカオソーイ・メーサイを食べさせる店はたくさんありますが、初めてなら、次の地図に示す。その名も「カオソーイ・メーサイ」という名前の店が無難です。

ドイステップの帰りに寄るなら、ホイゲーオ通りの「チェンマイ・オーキッド・ホテル」の前あたりで途中下車すれば、歩いて5分です。

*ソンテウによっては、北側の空いている道を戻ってくるものもあります。その場合はメーヤーショッピングセンターでおろしてもらって、15分くらい散歩かたがた歩くといいでしょう。

夕方早く店を閉めますので、朝からドイステップに行って、帰りの昼ごはんに食べるのがおすすめです。12:00~13:00は激混みなので、少し時間をずらすといいかもしれません。

詳しい場所はGoogleMapsで調べてください。

カオソーイ・メーサイの場所の地図

上の地図の右側が旧市街地です。左側はメーヤーショッピングセンターの方向で、さらに左に方向にドイステップがあります。

【関連性の高い記事】



チェンマイのワロロット市場

チェンマイの生活の様子、市民の食卓を見たければ、ワロロット市場の1択です。

チェンマイには大規模な庶民市場が4つありますが、ワロロット市場さえ見れば他は省略してもいいでしょう。とにかく圧倒的な規模です。生鮮3品、惣菜、日用雑貨、何でも売っています。活気があります。

タイの市場の写真

【関連性の高い記事】

土日なら、サタデーマーケット/サンデーマーケットをぶつける

もしあなたがチェンマイを訪れる日に土曜日または日曜日が含まれるなら、サタデー・マーケットかサンデー・マーケットをぜひツアーに組み入れてください。

夜店が並ぶナイトマーケット(夜市)は活気にあふれています。ターペー門東側にある毎日開くナイト・バザールのような観光者向けの、値段の高い夜市とはちがい、庶民的な物産市です。一度は行くことをおすすめします。

夜市の屋台に群がる人

 

【関連性の高い記事】

両マーケットとも夜にならなければ開かないので、まだ日が高かったら旧市街地を散歩することをおすすめします。旧市街地は歩きやすく散歩には最適です。また、ところどころにお寺や公園などもあり、見ものです。旧市街地の外堀をぐるっと一周すると2時間くらいかかります。

夕食は、サタデー・マーケットまたはサンデー・マーケットの屋台で食べるといいでしょう。サタデー・マーケットはビールやワインなどお酒を提供する店があるのですが、サンデー・マーケットのほうは、飲酒自体が禁止されています。

サンデー・マーケットでどうしてもビールを飲みたい人は、裏技ですが、ターペー門近くのセブンイレブンでビールを買います。そして、下の地図に示すお寺の中の大きなフードコートに持ち込み、屋台料理を食べながら飲めばどうにかなります。

ターペー門近くのセブンイレブンとフードコート

もし、あなたがチェンマイに行く日が土曜日、日曜日以外だった場合、代わりにターペー門東側のナイト・バザールで食事をすることはおすすめしません。高いだけで何もいいことがありません。

その場合は、適当な安い店や屋台を見つけて食べるほうがずっといいでしょう。

安い店は、ターペー門付近から東側のロイクロ通りとかナイトバザールのエリアにはありません。

少し歩いて、ロロワット市場の近くまで行くか、旧市街の内側のターペー門からなるべく離れた場所を探せば見つかります。

参考にしてください。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*