【沖縄グルメ】那覇の超絶おすすめ飲食店3件。カメチヨ、まんつき、金五郎

かぶとたいぞうです。

那覇から戻って1週間が経ちました。

那覇滞在中は、コストパフォーマンスの良い飲食店を求めていろいろ食べ歩きました。そして那覇市内のいい店をいくつか開拓しました。



那覇の美味しくて安い店

それらの店は、美味しいし安いので、いつも満席です。ただでさえ混んでいるのに私が紹介したらもっと混むかもしれないので、那覇滞在中はブログに書きたくありませんでした。私が入れなくなったら嫌だからです。

でも今はもう札幌に帰ってきたので、懐かしく思い出しながら紹介したいと思います。

紹介したい店はたくさんあるのですが、今日はその中で特におすすめの店を3件だけご紹介します。

客単価3千円以内のいい店のみ

高くて美味しい店ならどこにでもあります。札幌にもいくらでもあります。今日ここでご紹介するのは客単価がせいぜい3千円以内のいい店です。超絶おすすめ店です。

店名とだいたいの場所、店の特徴を列挙しますから、行きたい人はグーグルマップで検索して場所を確かめてください。また、いずれの店も予約無しで行くと、十中八九入れません。一人であっても電話で予約することを強くおすすめします。電話番号はいずれの店もグーグルマップに載っています。



1.カメチヨ

カメチヨは一昨年に発見しました。場所は那覇の中心より北に少し離れています。モノレールの美栄橋駅から徒歩で15分くらいです。泊小学校の近くです。

店舗の老朽化のため、4月いっぱいで店を一時閉店するようです。行きたい方はその前に行ってください。

カメチヨのおすすめ料理

つなぎ

カメチヨ:kabutotai.net

人気の焼き鳥メニューですぐに売り切れます。鶏の内蔵をつなぐ膜のような部位をタレでじっくり焼き上げています。食べたいなら18:00くらいまでに行ったほうがいいです。



鶏たたき

カメチヨ:kabutotai.net

たたきと言っても、ほとんど生です。新鮮な鶏肉をゴマ油と薄塩で上品に味付けしています。

締めのラーメン

カメチヨ:kabutotai.net

濃厚な鶏の出汁を使っていますが、味付けはあっさりしています。トッピングの半熟卵と鶏のつくねを絡めて食べます。食べたあと1時間ぐらい口の中に美味しい余韻が残ります。焼き鳥屋ですがラーメン通にもおすすめです。

今回ご紹介した料理はほんの一例で、他にも焼き鳥、鳥料理、フレンチメニューなどたくさんあります。



カメチヨの特徴

場所が離れているので地元の常連客がメインの店です。焼き鳥屋ですが、調理のベースはフレンチかイタリアンだと思います。おしゃれな店ですが、値段は驚くほど安いです。

札幌だと軽く5千円くらいしそうな内容で、カメチヨだと3千円で済みます。札幌にもこんな店があったら毎日でも行きたいです。

2.金五郎本店

モノレール美栄橋駅から徒歩3分。モノレール下の運河沿いです。泊港の近くに支店があるそうですが、私は本店にしか行ったことがありません。

早い時間から開いていますが、いつ行っても満席です。餃子の店と書いてありますが、アジアンテイストの大衆居酒屋です。



金五郎のおすすめ料理

ホルモンの塩煮(正確なメニュー名は失念)

金五郎:kabutotai.net

私が最初にこの店で惚れ込んだメニューで、行くたびに注文しています。

以前東京の祐天寺にある忠弥という店のホルモンの煮込みに魅せられて通ったことがあります。そこの煮込みと似た味です。おそらく塩のみで数時間煮込んだのだと思います。トッピングも長ネギのみ。あっさりして味わい深く、くせになります。

豚足塩煮込(テビチ)

金五郎:kabutotai.net

メニューには「豚足塩煮」と書いてありますが、店の人は「テビチ」と言っています。他の店のテビチと少し違うのは、豚足の爪の部分しか使っていない点です。柔らかくてコラーゲンたっぷりです。



ダイコンの唐揚げ、レバニラ

金五郎:kabutotai.net

手前がダイコンの唐揚げです。意外というか、想定外の美味しさです。一度食べてみてください。レバニラは普通に美味しいです。

今回ご紹介した料理はほんの一例です。店の本当のおすすめは餃子です。ラーメンやチャーハンなど飯物も豊富です。

3.まんつき

モノレール美栄橋駅から徒歩1分です。美栄橋駅と国道58号線の中間です。

去年も今年も緊急事態、蔓延防止の最中は店を閉めていました。現在は普通にやっていますが、古くからの常連にとっては待望の開店で、連日満席です。

ふらっと行って入れればラッキーですが、まず入れないので予約必須です。20:00過ぎると入れてもらえません。



まんつきのおすすめ料理

まんつきは大衆居酒屋です。焼き鳥、刺身、一品料理、全てがおすすめです。黒板メニューも本日のおすすめもありません。

まんつき:kabutotai.net

刺身5点盛り合わせが650円(税別)です。菊之露ブラウン(泡盛)1合とこの刺身盛り、焼き鳥などをそこそこ食べても、だいたい2千円台でおさまります。

焼き鳥は1本180円から200円くらいですが、1本のボリュームが他店の2倍はあります。

特にゴロンと大きなレバー(鶏のレバー)にゴマ油と塩を付けて食べるのがおすすめです。

書いているうちに食べたくなってきました。

まんつきの特徴

家庭的な大衆居酒屋です。敷居も低く、地元常連客でいつも満席ですが、店員の接客は実に親切丁寧です。嫌な気分になったことは一度もありません。

今日紹介した店の中では一番安く、メニューが豊富なので一番無難な店かもしれません。



まとめ

どの店もおすすめです。この3店で食事をするためだけに3~4泊のツアーを組んでもいいかなと思うくらいです。

那覇には美味しくて安い店がたくさんあります。

また行くのが楽しみです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*