【米国株】フィリップモリス(PM)の株価がこんなに高いのは5年ぶりに見た

かぶとたいぞうです。

昨夜の米国株式市場は、S&P、NYダウ、ともに上がりました。

しかし、私の保有する地味な生活関連バリュー株は、上がったものと下がったものがありました。まだら模様で、全体としたらそれほど上がっていません。



上がったり下がったりで、中期的に見れば動いていない

前にも書いたように、ハイテク株とバリュー株、あるいは個別銘柄間が、まるでシーソーのように上がり下がりを繰り返しています。片方が上がったら逆が下がりバランスをとっているのです。

ここ最近、私の保有株は上がったり下がったりで、中期的に見ればそれほど大きくは動いていません。ただ、PMフィリップモリスだけは例外的に上がり続けています。

上がり続けるフィリップモリス

PM株価は昨年の12月くらいから上がり始めました。そして今年に入って他の株が大きく乱高下している中、PMだけはものともせずに上がり続けて、とうとう100ドルを超えました。そして今もなお、さらに上がり続けているのです。

現在PMの株価は109ドル。こんなに高いのは5年ぶりに見ました。



5年前

5年前と言えば、私が米国株を本気でやり始めたころです。

初めて買った時のPMの株価は105ドルでした。その後、PMの株価は徐々に下がり始め、100ドルを切った時に思い切って大量に買い増しました。

70ドルから80ドル時代

その後もPMの株価は下がり、しばらくは70ドルから80ドルを行き来していました。

70ドルから80ドル時代は3年間ぐらい続きました。その間にも私はPMを買い増しました。一番安く買った時は68ドルでした。

下のグラフは、この5年間のPM株価の値動きです。



PM株価5年間の値動き

フィリップモリス5年:kabutotai.net

私はPM株を加重平均79ドルで買っています。現在1株あたりの配当は年間で5ドルです。

私のPMのYOC

私の投資配当率(YOC、イールド・オン・コスト)は

5ドル÷79ドル(%)≒6.3%にもなります。

私の保有株ポートフォリオは比較的配当率の低い手堅い銘柄で構成されています。それにも関わらず、全体としては、まぁまぁの配当率になっています。このPMの存在があるからです。

【関連性の高い記事】



PMはありがたいけど今は買えない

PM株は私にとってはありがたい存在ですが、今はこれ以上増やそうとは思いません。高くなりすぎました。

もしまた80ドルを切るようなことになったら、他の株とのバランスを考えて買い足すかもしれません。あるいは転売目的で買うかもしれません。

でも今は買えません。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*