石狩湾新港に小サバ釣りに行ってきた

かぶとたいぞうです。

コロナ禍の緊急事態宣言でキャンプ場も利用できないし、ヒグマが出るから登山も恐ろしいし。

この2、3日は畑仕事や薪割りなど家の仕事をしておりましたが、ふと釣りをしてみたくなりました。

我が家の裏には鯉やフナ、ハクレンなどが釣れる川があるのですが、どうせ釣るなら食べられる魚が良いと思いました。



石狩湾新港で小サバがあがっているらしい

調べてみると、どうも石狩湾新港で小サバがチラホラあがっているらしいのです。

石狩湾新港なら我が家からバイクで15分です。手持ち竿と、家にあったサビキ(小さな針がたくさんついた仕掛け)、それと適当なルアー(疑似餌)だけ持って、さっそく石狩湾新港の樽川埠頭へ向かいました。

午後3時、石狩湾新港樽川埠頭

途中の釣具屋でチューブ入りのオキアミ(餌にする小エビ)だけ買いました。

午後3時。埠頭につくと、すでに先客が所狭しと座を構え、小サバをけっこう上げていました。

私も空いているところにお邪魔し、サビキの下にコマセ(小さなカゴにオキアミを入れる仕掛け)をつけて、そっと海に沈めました。



いきなりあたりが

石狩湾新港の小サバ:kabutotai.net

釣り場の水深は浅く、2メートルくらいしかないようでしたが、コマセを上下に振っているといきなりあたり(魚が食いついたような感覚)がありました。

慌てずにゆっくり上げてみると、20cm弱の小サバでした。

釣り上げた20cmの小サバ

石狩湾新港の小サバ:kabutotai.net

このサイズの小サバならカラ揚げにしても食べごたえがあります。

もう少し釣ってみようと思いました。



オキアミが切れたのでルアーで

今日は「ちょっと見てこようか」という軽いノリだったので、途中の釣具屋ではハーフサイズのオキアミチューブしか買いませんでした。

オキアミが切れたので、その後はルアーで少し遊んでみましたが、まったく釣れませんでした。

釣果は小サバ4匹

結局、約30分の釣行で釣果は小サバ4匹。うち1匹は食べるのも可哀想なくらいのミニサイズでした。

石狩湾新港の小サバ:kabutotai.net

魚はあまり釣れ過ぎると処理に困ります。これぐらいがちょうどいいと思いました。



帰宅してさっそく調理

帰宅してさっそく頭と内臓をとり、開いてみました。

石狩湾新港の小サバ:kabutotai.net

軽く塩をして、小麦粉、片栗粉、パン粉を2:1:1に混ぜた衣をつけてジャーです。

小サバは骨まで食べられるように2度揚げ

骨まで食べられるように、最初は低温でじっくり。その後少し間を開けて余熱をかけてから、仕上げに高温でカラット。

ザンギ(鳥の唐揚げ)と同じ要領です。



小サバのから揚げの出来上がり

ジャーン。

石狩湾新港の小サバ:kabutotai.net

余った粉で、ニンジン、我が家でとれたじゃがいも、玉ねぎを揚げて付け合せにしました。大葉も我が家でとれたものです。

同じく我が家の畑でとれたミニトマト、キューリの塩漬け、そしてカボチャも一緒に。

我ながらちょっとしたご馳走です。

至福の時

冷蔵庫で冷やしておいた冷たい日本酒でキューっといっぱい。至福の時。

こんなことをやっていて、昨日はブログを書くのをすっかり忘れてしまいました。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*