日本円は今後さらに価値を下げてゆくと思う

かぶとたいぞうです。

日本円は今後さらに価値を下げてゆくのではないかと思います。

私は日本人だし、日本の将来を心配しています。評論家のような口調で日本を批判したいわけではありません。外人のようなスタンスで日本を冷ややかに見ているのでもありません。



このままでは日本の経済はさらに悪くなる

しかし、このままでは日本の経済はさらに悪くなって日本円の価値も下がり、日本人の資産もどんどん減ってゆくような気がします。

何かすごいものを発明して、それを海外にどんどん売って儲かれば、日本経済は一気に良くなります。

しかしそれが無いならば、内需を大きくするしかありません。

内需を大きくするには

人口が増えれば需要が増えます。単純なことです。人口、つまり人の口が増えれば、食べるものだって多く必要になります。

需要が増えれば作れば売れて、売れれば儲かります。儲かれば働く人の賃金が増えて、景気が良くなり、ますます需要が増えます。



内需が大きくなれば景気が良くなる

好循環の中、自然に物価が上がり、景気過熱を警戒して金利が上がり、日本円の価値がどんどん上がっていきます。

しかし政府はアベノミクス以来、逆のことをやっています。

景気が良くなれば物価は上がるが、物価を上げても景気は良くならない

景気が良いから物価が上がるのに、逆に物価を上げれば景気が良くなると思っているのです。

景気が良いから金利を上げないと加熱するのに、金利を下げれば逆に景気が良くなると思っているのです。

現実はそうはいきません。



景気が悪いのに物価を上げれば、人はものを買わなくなる

景気が悪いのに物価を上げれば、人はものを買わなくなります。

景気が悪いのに金利を下げても、誰もお金を借りません。

そんなことは、この10年ではっきり分かったはずです。

それなのにまだ金利をゼロに据え置き、物価を無理に上げようとし、おまけに円安に誘導しようとするのです。

景気が悪いから物価はますます下がる

景気が悪いと庶民の財布の紐がますます固くなります。最近は八百屋ベンチャーなどが活躍し、物価はむしろ下がっています。上がったのは消費税分だけです。

正攻法で内需を増やす方法は、やはり人口を増やすことです。

しかし政府はその一番肝心なことを本気でやろうとは思っていないようです。



日本は少子高齢化が進みすぎている

確かに先進国ほど少子高齢化が進み、人口減少の傾向があります。しかし日本は極端すぎます。

日本は少子高齢化が進み人口減となると、何十年も前から言われているのに、政府は何もしてきませんでした。

米国は今でも毎年人口が増えている

世界経済のトップランナーである米国は、先進国なのに今でも人口が毎年どんどん増えているのです。

政府は人口を増やす政策を実行せず、小手先の技で内需を喚起しようとしていますが、まったく効果がありません。



国家百年の計

今すぐ、子供を増やし、人口を増やす政策に切り替えるしかありません。

子づくり、子育てに、どんなにお金をかけても、それは20年後には税収として戻ってきます。

子供が育てば今の現役世代の年金も支えられます。

今こそ国家百年の計を考える政治家が必要です。

私は自分の金融資産を守るために米国株に投じていますが、本当は日本経済の再生を強く望んでいるのです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*