【バイクで北海道一周】10泊で切り上げて、昨日札幌の自宅に戻りました。

かぶとたいぞうです。

昨日はまたブログをサボってしまいました。

昨日は疲れてすぐに寝ちゃったからです。

昨日の朝「上富良野町日の出公園オートキャンプ場」で起きて、札幌の自宅に帰ることを決意しました。



前日の夜までは日の出公園オートキャンプ場にもう一泊しようと思っていたが

前日の夜まは「上富良野にもう一泊してもいいかな」と思っていたのです。

他のバイクキャンパーに教えてもらった「吹上温泉」は最高でした。

吹上温泉:kabutotai.net

大雪山登山の拠点、吹上温泉「白銀荘」

この温泉と温泉前の野営場が十勝岳やトムラウシに登る登山家の拠点になっているらしいのです。

キャンプ場からはバイクで20分くらいかかりますが、この温泉なら2日連続で入ってもいいなと思ったくらいです。



大雪山の雄大な景色を見ながら入る、かけ流しの源泉は最高

大雪山の雄大な景色を見ながら入る、白銀荘のかけ流しの源泉は最高です。至福です。

次の日は軽く登山をしてから、またこの温泉に浸かるのもいいかもしれないと思いました。

キャンプ場に戻ると

夕方、吹上温泉からいい気分で戻ると、私のテントのすぐ横に初老の夫婦がテントを立てていました。

私が「よろしくお願いします」と挨拶すると、デップリした初老の旦那が「よろしく」と返しました。



話し声がうるさい初老の夫婦

初老の夫婦は2人とも話し声が大きくてうるさく、話し方も感じの良いものではありませんでした。

旦那の方はやたらとヒーヒー言うのです。「ああ疲れた」「もうこんなに汗をかいた」「ふー、フー」と繰り返すのです。

奥さんの方は話し方がやたらと愚痴っぽいのです。そしておしゃべりが多いのです。

横で聞いてて嫌でしたが、夜になったら静かになりました。

良い気分で10時に寝た

温かい夜だったので、私は月を見ながらしばらく酒を飲んでいましたが、午後10時には良い心地で寝ました。

しかし、隣の初老の夫婦が夜半すぎに騒ぎ出して目がさめてしまいました。時計を見ると深夜の2時でした。

何やらテントの中で何かを探しているようなのですが、夫婦ともに大きな声でわめいているのです。



深夜のキャンプ場に響き渡る初老の夫婦の声

「いや、カバンの中でないか」

「何言ってんの、さっきも見たでしょう」

「いや、俺が言ってんのは黄色いカバンだ」

「それなら最初っから黄色いカバンって言えばいいしょ」

あたりがシーンとする中、初老夫婦の声がキャンプ場中に響いていたと思います。

付近のキャンパーもみんな目をさましたのではないでしょうか。

今度は往復イビキ

夫婦は1時間くらい大きな声で話していましたが、そのうちに静かになったと思ったら今度は往復イビキ。大きなイビキです。うるさくて寝られません。私は結局朝まで眠れませんでした。

せっかくの良い気分も台無しです。



私は帰る決意をした

初老の夫婦はどうも連泊する感じだったので、私はテントをたたんで、帰る支度をしました。

それに昨日は土曜日。翌日は日曜日なので、もっとうるさいキャンパーが押し寄せるかもしれません。また、日曜日は札幌へ帰る道が混むかもしれません。

それで帰る決意をしてテントをたたんだのでした。

初老の夫婦も帰り支度

ところが私がテントをたたみ終えると、初老の夫婦も帰り支度を始めました。

「夫婦が帰るならもう一泊したのに」

そう思いましたが、もう片付けちゃったのでそのまま帰ってきた次第です。

キャンプの良し悪しは偶然隣り合わせた他のキャンパーの質で大きく変わるものです。これだけは運しかありません。

+++



札幌への帰り道

富良野からの帰り道は睡眠不足の私には厳しい道のりでした。

グーグルマップの「経路」に表示された道をそのまま通ったのですが、その道は「桂沢湖」を経由する、山あり谷あり、長いトンネルありの怖い道でした。

富良野から札幌へ

帰ってきた:kabutotai.net

ベテランバイカーやワインディングロード好きの若いバイカーには好まれる道らしく、多くのバイクとすれ違いましたが、前日寝不足の私には疲れるだけの道でした。

こんなことなら遠回りでも赤平か旭川の方を回ったほうが楽だったと後悔しました。



バイクは道を選ぶ

自動車に乗っていた頃は気にしませんでしたが、バイクで長くて暗いトンネルを通ったり、グニャグニャな道、デコボコした道を通るのは疲れるのです。

スリルを味わいたい人にはいい道なのでしょうが、昨日の私にはただの悪路でした。

それでどっと疲れて、昨日は帰宅後あと片付けだけしてすぐに寝てしまったのです。

おかげで今朝は早朝に目がさめて気分もいいです。

+++

11日間の旅を振り返る

今回はのべ10泊11日のバイク旅でした。

うちテント泊が6泊、ホテル泊が4泊。

寒い日が多かったですが、振り返ると楽しい旅でした。



いい旅だった

いい景色もいっぱい見れました。襟裳岬や宗谷岬、紋別以北のオホーツクの海は初めてでした。全国から集まったバイカーたちとの交流もありました。行ってきて本当に良かったです。

今回の旅で経験したことや気づいたこと、新たな発見もたくさんありました。明日からのブログで少しずつ紹介したいと思います。。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*