【じじーライダー奮闘記】4日目、鶴沼公園キャンプ場を出て自宅へ戻る

かぶとたいぞうです。

私は今日、4日間のバイクキャンプツアーを終えて自宅に戻りました。

昨日は結局、留萌から新十津川まで移動し、ブログを書いたあと鶴沼公園キャンプ場で1泊しました。



鶴沼公園キャンプ場の場所

鶴沼公園キャンプ場:kabutotai.net

フリーサイトは1泊600円、隣の温泉は450円でした。

鶴沼公園キャンプ場:kabutotai.net

写真右側の方向に沼があり、その反対側に温泉があります。

温泉まで徒歩10分

管理人の話ではキャンプ場から温泉まで歩いて5、6分とのことでしたが、おそらく坂道も入れて10分以上は歩くと思います。私は疲れていたのでバイクで行きました。

鶴沼公園キャンプ場はほぼ温泉目当てで来たのですが、温泉の従業員は挨拶もしない最悪接客で気分が悪かったです。

でも450円だから銭湯だと思って気を取り直し、体だけ洗って出てきました。



酒や食べ物は途中で買っていくべし

温泉には500mlで400円のビールしか売ってないので、酒類などは事前に買っておく必要があります。管理棟にも酒や食べ物などはありません。

温泉はたいしたことありませんでしたが、鶴沼公園キャンプ場のトイレは水洗+ウォッシュレットで快適でした。

トイレ良し、雰囲気良し、札幌近郊ではgood

沼の雰囲気が良く、ファミリー中心の静かなキャンプ場なので、札幌近郊のキャンプ場の中ではいいほうだと思います。

4日のキャンプ行程で疲れました。今日はこのへんにして、明日総括します。



総括は明日のブログで

キャンプ場で気づいたこと、持って行って良かったもの、持って行ったけど一回も使わなかったもの。課題を整理して、次にキャンプに備えたいと思います。

ではまた明日。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*