【米国株週報】昨夜は3%の下落。少し上がっていたぶんを2夜続落で取り崩した今週のNYダウ平均

かぶとたいぞうです。

昨夜の米国株は一昨日に引き続き大きく下がりました。

NYダウは-2.73%、S&P500は-2.91%、ナスダックは-3.56%、かぶとたいぞうポートフォリオは-0.56%でした。



5月の米国消費者物価指数

昨夜遅く発表された5月の米国消費者物価指数が、予想より高く、インフレが長引くことへの懸念が強まりました。

発表前は「米国のインフレはピークを過ぎたのではないか」と期待するむきもあったのですが、期待を裏切られる結果となりました。

40年半ぶりの高い物価上昇率

発表された物価上昇率は前年同月比8.6%上昇という40年半ぶりの高水準でした。市場には、長引く記録的なインフレへの対策で、金融引き締めがさらに加速するのではないかという懸念が広がりました。

さっそく、FRBが0.75%利上げする予想や、秋以降も利上げを続ける予想が出てきて、その影響で米国経済が悪くなるという心配が高まったようです。



米国株は今まで少し上がったぶんをすべて帳消しに

2夜連続の大幅下落で、NYダウは少し上がっていた分をすべて帳消しにしました。

私は、数日前の投稿で「米国株は下げ止まったのではないか」と書きましたが、そうではなかったようです。

下のグラフはNYダウのこの半年の値動きです。上がったり下がったりしながら、結局は下がっていることが見てとれます。

NYダウ半年の値動き

ダウは下がっている:kabutotai.net

このように、米国株は断続的に下がっていますが、いつも書いている通り私は心配していません。



長期投資家にとっては買い足すチャンス

長期投資家の私にとって、株価が下がるという事は買い足すチャンスが到来したということです。

この調子でもう少し下がってくれたら、余裕資金として残しておいた預金にも手を付けて果敢に買い足します。だから、どうせならもっと下がってほしいと思います。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*