バイクで北海道一周】4泊目はサロマ湖のそばのコムケ国際キャンプ場

かぶとたいぞうです。

※昨日はインターネットの繋がらない場所にいたので、昨日(8/14)書いた原稿を今(8/15早朝)紋別のセブンイレブンから投稿しました。

セブンイレブンは本当に助かります。wifiもあるし、スマホの充電はさせてくれるし、セブンイレブンこそ私の道の駅でありホットステーションです。この場を借りてお礼を申し上げます。

また、連続でお読みいただいている読者の方には昨日の投稿がなくてご心配をおかけしたかもしれません。すみませんでした。北海道はめちゃ寒いですが、私は元気です。

ここから本文

私は今、コムケ湖のほとりにある「コムケ国際キャンプ場」にいます。



コムケ国際キャンプ場

北海道一周4日目:kabutotai.net

コムケ湖はサロマ湖のすぐ近くです。風光明媚で良いところですが、このへんはインターネットの接続がありません。

コムケ国際キャンプ場の位置

北海道一周4日目:kabutotai.net

キャンプ場の利用料金は1人200円。それが全てです。水洗トイレも水場もあります。管理人は気さくなおじさんです。

コムケ湖に落ちる夕日がとってもきれいでした。



コムケ湖に落ちる夕日

北海道一周4日目:kabutotai.net

ただ、やっぱり寒いです。夜になって手がかじかんできたので、テント内でろうそくを燃やして暖を取りながら、このブログの原稿を書いています。

テント内でロウソクを

北海道一周4日目:kabutotai.net

インターネットが繋がっていた時に最後に見たサロマの今日の天気は、最低気温が9℃という恐ろしい予報でした。



寒すぎる

昨日釧路で買ったスウェットの上下、長袖シャツと長ズボン、綿の入ったジャンバー、ゴアテック製の雨合羽上下を重ね着して、寝袋に入ってもまだ寒いです。

もしかしたら朝方になって凍死しているかもしれません。その場合はこのブログの原稿も投稿されずじまいになりましょう。

だからアップできるかどうかわかりませんが、前回のブログの続きから順にご報告します。

釧路の夜

昨夜は釧路の繁華街の「炉端焼き」を楽しみました。

釧路の炉端焼き:kabutotai.net

とりあえず「鯨刺し」と「刺し身盛り合わせ」を頼みましたが、せっかく釧路名物の炉端焼きに来たのだから、何か焼かなければと思いました。

釧路と言えばやっぱり「なめたカレイ」です。



釧路名物「なめたカレイ」とは

素人はキンキだとかカニに目が行きますが、「なめたカレイ」こそが釧路付近にしかない名物なのです。

「なめたカレイ」の味はソウハチカレイに似ています。独特の旨味があります。でも、形はソウハチよりもすらっとしています。

これが「なめたカレイ」

なめたカレイ:kabutotai.net

札幌では見たことがありません。このへんでないと食べられない逸品です。

刺し身盛り合わせもクジラも札幌で食べるのと何も変わりませんでしたが、なめたカレイは美味しかったです。

釧路で炉端焼きを十分堪能した私は、久々のベッドでゆっくり寝ました。



今朝は熱いシャワーをゆっくり浴びて

今朝は早く目が覚めましたが、外が寒そうなので熱いシャワーをゆっくり浴びてから7時前にホテルを出ました。

今日の行き先は、根室、知床、網走と迷いましたが、阿寒湖を経由して一気にサロマ湖を目指しました。

阿寒湖畔にて

北海道一周4日目:kabutotai.net

サロマ湖のセブンイレブンに到着したとき、指先が痺れていることに気づきました。

グローブを外してみると、指先が真っ赤に腫れ上がっています。凍傷です。真夏に指先が凍傷するのですね。



凍傷は温めてはならない

子供の頃から凍傷には慣れているので手を温めず、水で冷やしてゆっくりとこすって戻し、どうにか大事には至りませんでしたが、道外の人ならヤバかったでしょう。

セブンイレブンで軍手を買って、革手袋の中に装着して2重にしました。それでも冷たかったです。

230kmをバイクで走破

阿寒湖を超えてここコムケ湖まではほぼノンストップ。今日は約230kmをバイクで走破しました。私1日の移動距離の新記録達成です。

明日は浜頓別を目指します。

昨夜は死ぬほど寒かったので、これから先の宿泊は無理せずホテル中心に考えます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*