【米国株】若い人が少額投資でお金持ちになる方法

かぶとたいぞうです。

若い人でお金がない人ほど、一攫千金を夢見てハイリスクな投機に走りがちです。

しかし、宝くじを一生買い続けた人が晩年になって「今まで宝くじに使ったお金をもしも全部貯金していたら、いったいいくらになっただろう」と後悔するように、ギャンブルはほとんど当たりません。塵も積もれば山となるので貯金のほうがまだマシです。



貯金よりもっといい方法

しかし貯金よりもっといい方法があります。成功確率はけっこう高いのにリターンもけっこう高い方法です。その代わり時間のかかる方法なのです。

でも若い人には時間があります。時間という資源を最大限に利用して大きなリターンを得ることができるのです。時間を味方につけるのです。

私が今もし30歳代とか40歳代だったら必ず実行する方法

私が今もし30歳代とか40歳代だったら必ず実行する方法です。

それは米国のバリュー株、配当株の定期定額積立投資です。

毎月節約して「このお金は無かったもの」と思って1万円だけ米国株を買います。



潰れそうもない会社に毎月1万円投資

長期投資に向いた銘柄を選んで下さい。潰れそうにない会社、100年後も残っている商品やサービスを提供している会社、少しづつでも着実に成長している会社、少しずつ増配している会社がいいです。

もし分からなかったら、私が現在投資している10銘柄の中から選んで下さい。私が時間をかけて審査した結果、選考に残った会社たちです。

かぶとたいぞう保有銘柄

  1. ペプシコ
  2. ゼネラル・ミルズ
  3. ジョンソン・エンド・ジョンソン
  4. アッビー
  5. ギリアドサイエンシス
  6. ファイザー
  7. プロクターアンドギャンブル
  8. コルゲート
  9. フィリップモリス
  10. ロッキードマーティン

【関連性の高い記事】

毎月月末なら月末と決めて、投資先企業の株を1万円分だけ買います。1年で12万円の投資です。



配当も再投資

そのうちに配当通知が来ます。最初のうちは配当金はわずかですから、放っておいていいでしょう。

でもそのうちに配当金がたまって1株買える金額になったら、たまった配当金でも株を買います。

例えばファイザーの株は今40ドルくらいだから、4千円ちょっと配当金がたまれば1株買えます。

この方法で毎月1万円の投資と、それに加えて配当金が溜まったらそれもすべて株にまわすのです。

複利効果のマジック

これを繰り返せば40年後には驚きの結果が得られます。長期積立投資の複利効果のマジックです。

1万円をただ貯金するだけなら、金利はほとんど期待できないので10年後には120万円、20年後には240万円、30年後には360万円、40年後には480万円しかたまっていないでしょう。それでもギャンブルに捨てるよりはずっとマシです。

だけど30歳から貯金を始めたとしても、40年後の70歳で480万円では少なすぎます。やっぱり月々1万円じゃ老後資金には足りないようです。



毎月1万円ずつの積立投資で40年後には

しかし私がおすすめする方法で投資すれば、同じ毎月1万円ずつの投資でも、10年後には191万円、20年後には687万円、30年後には約1973万円、40年後には5311万円になる可能性が高いのです。

積立投資:kabutotai.net

70歳で老後資金が5311万円あれば、大抵の人なら十分でしょう。

年利10%の福利計算

年利10%の福利で計算しました。内訳は、株の値上がり率が年平均5%、配当率が増配分も含め年5%です。いずれも過去の実績から考えて実現不可能な数字ではありません。

投資ですから貯金と違って確実ではありません。しかし上記のような結果になる可能性はかなり高いのです。



ギャンブルは失敗するが堅実な投資は成功する

資金を一気に2倍、3倍に増やそうとすれば勝率はかなり低いのですが、1年間で5%の上昇率や5%の配当なら現実的なのです。銀行や保険会社はそれで成り立っているのです。

時間さえかければ、高確率で大きなリターンを得ることが可能なのです。

今はネット証券の手数料が安いので少額投資も不利でない

ちょっと前までは米国株を買うときの手数料が高く、チョビチョビ買っていては手数料倒れしてしまいました。ところが今ではSBIネット証券を始め、ネット証券の手数料はすごく安くなりました。1株単位で買っても手数料倒れにはなりません。

しかもスマホで売買も何もかも簡単にできちゃいます。

【SBI証券口座開設ページ】



私の娘や息子にも実行してもらいたい方法

私の娘や息子が今ちょうど30歳くらいです。彼らにも説明しているのですが「ふーん」という感じの反応です。

私もそうでしたが、若い時は目の前のことが大事で、遠い将来のことにはあまり心が向かないのです。あっという間に歳をとることにはまだ気づいていないのです。

彼らが早くこの方法のすごさに気づいてくれることを念願します。

私の娘や息子でなくても、若い人でこのブログを読んでくれた人がいましたら、この方法を強くおすすめします。

投資や株に懐疑的な人でも、月々1万円くらいなら「無かった金」だと思って、または「騙された」と思って手を出してみてください。宝くじなんかよりよっぽど夢がありますよ。

もちろんお金に余裕のある人は月々2万円だっていいのです。2万円なら40年後には1億円を超える可能性があります。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

“【米国株】若い人が少額投資でお金持ちになる方法” への4件の返信

  1. 全く同感です。もっと若い時に実行していれば・・・。過去を振り返れば、細かく稼いで、大きく損をするパターンで、この歳となりました。

    • 高橋様
      かぶとたいぞうです。
      コメントありがとうございます。
      ほんとそうですよね。

  2. 30台前半です。
    いつも勉強になる記事ありがとうございます。
    ファイザー、ロッキードマーティン、定期的に購入してます。
    これからもよろしくお願いします^ ^

    • 春一様
      かぶとたいぞうです。
      コメントありがとうございます。

      いいですね。上がっても下がっても気にしないで続けてください。きっとうまくいくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*