シジュウカラが口に枯れ葉を咥えて我が家の巣箱にやってきた。巣作りを始めたらしい

かぶとたいぞうです。

先日まで我が家の巣箱の偵察に来ていたシジュウカラのペアが、本格的に巣作りを始めたようです。

クチバシに枯れ葉のようなものを咥えて、盛んに巣箱に入っていきます。



枯れ葉を咥えたシジュウカラ

シジュウカラの巣作り:kabutotai.net

もちろん巣箱から出てくる時は枯れ葉を咥えていません。巣箱の底に敷き藁のように敷いているのでしょう。

今年のシジュウカラは動きがゆっくり

昨年のシジュウカラのペアは、6月の下旬になってから巣作りを始めました。焦っていたのか、あるいは暖かかったからか、せわしなく出入りしてあっという間に巣作りを終えました。

今年のペアはゆっくりです。まだ警戒心があるのか、巣箱に入る前に注意深く巣箱の付近を観察し、何回も何回も周りを見回し、その後やっと巣箱に入ります。

巣箱から出てくるのもゆっくりです。



晴れた日にしかやってこない

また、よく晴れた暖かい日にしかやってきません。昨日はよく晴れて暖かかったので、早朝から何回も来ていましたが、今日は曇っていて風もあるので、まだ姿を現していません。

鳥にも性格とか個体差があるようです。今年のシジュウカラのペアは、警戒心が強く、慎重派で、行動もゆっくりのようです。

単にまだ寒いからかもしれませんが。

札幌は4月の中旬でも朝は気温が0℃近くまで下がることがあります。雪がふることもあります。

だからシジュウカラもまだ本格的ではなく、テスト的に行動しているのかもしれません。

今年も巣箱に小鳥が入ってきてくれて安心

いずれにしても、今年も小鳥が入ってきてくれて安心しました。

昨年の秋に巣箱を外したあと、巣箱に防腐効果のあるニスを塗りました。匂いや色が去年とは違うので、小鳥に気に入ってもらえるか少し心配だったのです。

まったく問題はないようです。



小鳥を見ながらコーヒーを飲む幸せ

庭に飛んでくる小鳥を見ながらコーヒーを飲んだりご飯を食べているだけで幸せを感じます。

シジュウカラ:kabutotai.net

テレビなんか見ているより、巣箱に出入りするシジュウカラを黙って見ているほうが、よっほど退屈しのぎになります。

子供の頃から小鳥を見るのが好きだった

思えば私は子供の頃から小鳥を見るのが好きでした。

札幌の大通りの地下には昔から大きな鳥小屋があります。鳥小屋というより、大きなガラスケースに囲われた大きな鳥カゴです。中には木の枝などがあり、様々な小鳥が自由に飛び回っています。

私は子供の頃、そこでずっと黙って小鳥の動きを見ていました。ぜんぜん退屈ではありませんでした。1時間でも2時間でも見ていられました。



至福の時間

山登りをしていても、野鳥にしばし見とれました。

だから自宅の居間でお茶を飲みながら小鳥を見れるのは、私にとってはこの上ない贅沢なのです。至福の時間です。

今年もシジュウカラのペアのおかげで和めそうです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*