【米国株】昨夜は指値注文を仕掛けておいたP&Gとペプシコが買えました

かぶとたいぞうです。

昨夜は指値注文を入れておいたP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)とペプシコが買えました。

P&Gは150ドル、155ドル、157ドルときざんで、3つの指値注文を入れておきました。そのうち157ドルの注文だけギリギリ買えました。

約定単価が156.5ドルだったので、一瞬ちょこんと下がったタイミングで買えたのだと思います。ラッキーでした。



ペプシコ

ペプシコのほうは、はじめ160ドルの指値注文だけでした。

でも一昨日の夜「ペプシコは167ドルくらいまで下がったらきっと買いたいと思うだろうなぁ」、と考えました。それなら「黙って値動きを見ているより167ドルで指値を入れておけばいいじゃないか」と考えて寝たのでした。

一昨日の指値が昨夜決まった

昨日の朝見たら残念ながら買えていませんでしたが、昨夜はめでたく買えたのです。

P&Gの約定単価156.5ドルもペプシコの約定単価167ドルも今朝改めて見たら、ほんとギリギリ買えた感じです。もし小刻みに注文を入れてなかったら、そして今後株価が上がっていったら、きっと後悔したに違いありません。買えて本当に良かったです。



今夜さらに下がったら

今夜さらに値が下がったら損したと思うか。いいえ、ぜんぜんそうは思いません。

P&Gもペプシコも、少し高くても買い足したいと思っていた銘柄です。少しでも安く買えただけでありがたいです。ペプシコなんて173ドルでも買おうかなと思っていたぐらいです。

ぜんぜん損だとは思わない

値上がりを待って売るつもりではなく、一生持ち続けるつもりの株の買付価格はいくらでもいいのです。ただ、少しでも安ければ、そのぶん多くの株が買えるからありがたいのです。株数を多く買えは配当が多くなるからです。



さらに下がったらさらに買うのみ

今夜もP&Gやペプシコの株価が下がれば、ありがたく買い足すのみです。

25~26日に開かれていた米連邦公開市場委員会(FOMC)が終り、FRBのパウエル議長が3月にも利上げするような発表をしました。それを受けてドルはさっそく上がりました。

それらのことは織り込み済みだとは思いますが、今夜の米国株は一時的にさらに下がるかもしれません。

今夜も下がりますように。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*