北海道の10月、爽やかな秋晴れ、釣りと散歩の毎日

かぶとたいぞうです。

9月後半は冷たい雨が続きましたが、10月に入ると「小春日和」と言うのでしょうか、ここ数日は晴れた日が続いています。

今日も風が少し強いですが、朝から良く晴れています。



北海道の秋の川釣り

北海道の川釣りは10月が限界です。11月に入ると魚にとっても、釣り人にとっても寒すぎて釣りにはなりません。

だから今のうちに釣りを楽しもうと思って、最近はほぼ毎日近くの川で1時間から2時間くらい釣りをしています。

我が家の近くの川

我が家のすぐ裏には太くて浅い川が、また、歩いて2、3分のところには昔の用水路だった川があり、いずれも釣りができるのです。さらに5分ほど歩けば、もっと大きな川があります。

ウグイ、トンギョ、マブナ、ヘラブナ、コイ、ソウギョ、ナマズ、カワガレイ、何でも釣れます。言わば我が家の周りは「無料の釣り堀」だらけなのです。



今はウグイばっかり

この時期は餌釣り(マッシュポテト)でウグイがいくらでも連れます。8センチくらいの稚魚ばかりですが、たまに20センチくらいの引きの強いウグイがかかって楽しいです。

ウグイ釣り堀だと思えばそれなりに楽しいです。

一昨日はコイが釣れた

一昨日は我が家の裏の川で珍しくコイを釣り上げました。

それほど大きなコイではありませんでしたが、この時期はウグイばかりなので、コイが釣れると嬉しいです。

マッシュポテトで水深1メートルぐらいのところで釣れました。



ナマズ釣りにチャレンジ

昨日は少し志向を変えて、ルアー(疑似餌)でナマズを狙ってみました。

カエルの形をした水に浮くルアー、セミの幼虫のような形のルアー、オーソドックスなスプーン。

ナマズは夜行性で、夜のほうが釣れるらしいのですが、昨日は午後2時から4時ころまで試してみました。

ナマズは難しい

いろいろ試してみましたがまったく釣れませんでした。「あたり」さえありませんでした。

それでも木の影を狙ったり、橋の下に投げ込んだり、倒木の下を狙ったりと、童心に帰って楽しかったです。ルアー釣りは歩いて釣り場を転々と変えるので運動にもなりました。

やっぱりナマズは夜にならないと釣れないのかもしれません。でも夜は寒いし暗いからあまり気が進みません。ナマズは諦めます。



散歩もしている

散歩もしています。

昨日は釣りの前に、近所のスーパーへ買い物を兼ねて歩いて行きました。

バイクを買ってからというもの、どこへ行くにもバイクで出かけていましたから、足がなまってしまいました。

散歩も今のうちです。寒くなると外に出るのがおっくうになります。今のうちに意識してなるべく頻繁に散歩しておこうと思います。

11月になって寒くなる前に歩いておく

11月に入ったら寒くてあまり散歩をしなくなるような気がします。

12月には越冬の旅で沖縄へ移動します。沖縄へ行けば札幌よりは寒くないので毎日散歩ができるのではないかと期待しています。



10月は釣りと散歩の毎日

スポーツの秋と言いますが、私にはもうスポーツはできません。

せめて寒くなる前に釣りをやったり散歩をして、少しでも体を動かしておきたいと思います。

釣りと散歩の日々:kabutotai.net

10月は釣りと散歩の、のどかな毎日です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*