【パタヤのコロナ規制】ビーチ立入禁止命令に違反し23人逮捕

かぶとたいぞうです。

パタヤでコロナ規制によるビーチ立入禁止命令に違反し、タイ人12人、外国人11人の合計23人が逮捕されました。



まさかパタヤのビーチ立入禁止で逮捕は無いと思った

まさか逮捕は無いと思っていたので少々驚いています。

どうして逮捕は無いだろうと思ったかというと、海岸はパタヤ警察の管轄外なので法律的には要請のみで強制排除はできないと思っていたからです。

ビーチでたむろする人たちは、警察をなめていた

警察の再三の要請や注意を無視してビーチにたむろしていた人たちがいましたが、彼らも法律的なことを知った上で警察をなめていたのではないでしょうか。警察も当初はお願い口調でしたから。



警察は当初お願い口調の要請だった

【関連性の高い記事】

逮捕されたのはパタヤビーチではなくジョムティエンビーチ?

パタヤビーチで逮捕されたような報道になっていますが、パタヤ警察が公開したビデオや写真を見る限り、私には現場はジョムティエンビーチのように見えます。あるいは少なくともジョムティエンビーチを含む現場だと思います。

先日ジョムティエンのイミグレーションに行った帰りにビーチに寄りましたが、日向ぼっこやたむろしている人々が確かに多かったです。



ジョムティエンの人たちは警察の要請を無視してビーチを楽しんでいた

ジョムティエンビーチは取り締まりがゆるいのだとばかり思っていましたが、ジョムティエンの人たちは警察の再三の注意を無視していたのかもしれませんね。

【関連性の高い記事】

要請だけでは言うことを聞かない人がいる

要請やお願いだけでは、言うことを聞かない人は絶対に言うことを聞きません。パタヤ警察もそう判断して最後通告をした上で今回逮捕に踏み切ったようです。

外国人の1人(ファラン)は警察に食って掛かってきましたが、問答無用でその場で身柄を拘束されました。



パタヤ警察に背いた人たちの報い

コロナ関係の規制に違反した者は、最長2年の禁固または最高10万バーツ(35万円)の罰金、あるいはその両方が課せられます。

今回逮捕された23人はそのまま警察署に連行され勾留中のようです。追って沙汰が言い渡されるでしょう。

夜間外出禁止令違反者にも厳しい沙汰が

夜間外出禁止令に背いて逮捕された若者に3ヶ月の禁固刑を(裁判所が)言い渡し、即日執行したパタヤ警察です。

【関連性の高い記事】

今回も容赦はしないでしょう。



規制と取り締まりを徹底してくれると、いっそ清々しい

ここまで徹底してくれるといっそ清々しいです。

お願いや要請だけで罰則がなく、守る人がいる一方で守らない人もいる状況だと、真面目に守っている人がバカバカしく思えます。

タイは規制も取り締まりも厳しいが結果が出てきている

おかげでタイ全体の新型コロナ感染者増加数は1桁台にまで減りました。パタヤのあるチョンブリー県の感染者増加数は4日連続でゼロです。

規制の厳しさが感染者減少にはっきりと結びついていて安心です。



だからタイの人たちは政府の指示に従う

タイではほとんどの人が政府や警察の指示に従う所以です。

どこの国と比較しているかは言わなくても分かりますね。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

 

【かぶとたいぞう有料ノート】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

“【パタヤのコロナ規制】ビーチ立入禁止命令に違反し23人逮捕” への2件の返信

  1. はじめまして。
    いつもブログ楽しみにしております。
    タイの方たちは良くも悪くもわかりやすいほどに清々しく思います。
    今回はすごくいいと思います。
    さて、今の日本は民度を語れませんね。恥ずかしいです。
    お体ご自愛下さい。

    • かぶとたいぞうです。コメントありがとうございます。
      お互い頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*