今までが平和すぎたのか。ウクライナ戦争も新型コロナも、なかなか終わりそうにない現実

かぶとたいぞうです。

私は今まで珍しいぐらいに平和が続いた、歴史的にも稀有な時代に生きてきたのかもしれません。

生まれた当時(昭和30年代半ば)は高度成長期のど真ん中で、若い頃はぎりぎりバブル景気を体験しました。

今まで戦争を実感したことはほとんどをありませんでした。

ベトナム戦争も湾岸戦争も同時多発テロもありましたが、どこか他人事でした。



今回のウクライナ戦争は他人事でない

しかし今回のウクライナ戦争は核ミサイルが日本にも飛んでくる可能性があります。エネルギー価格も小麦粉もすごく上がっています。今回は他人事ではないのです。

新型コロナだってそうです。私の小さい頃にも水疱瘡(みずぼうそう)や麻疹(はしか)、猩紅熱(しょうこうねつ)などもありましたが、今回の新型コロナのように長い期間、社会が大混乱になるのは初めての体験です。

スペイン風邪のようなことが現実に

スペイン風邪は学校で習いましたが、まさか似たようなことが現実に起こるとは思いませんでした。まるで映画を見ているようです。

私は今まで、まったく平和な時代に生きてきたのだなと改めて実感します。



団塊の世代が一番幸せ

もっと言うと、団塊の世代、今の70歳台の人が一番幸せです。戦後に生まれて、好き勝手に暴れて、豊富な年金を手にして、今でも老害を振りまいて自由闊達に生きているのです。

彼ら「戦争を知らない子どもたち」は、これから戦争が起きても徴兵を免れるでしょう。そして潤沢な年金で幸せに長生きするのでしょう。

今の若い人たちがかわいそう

逆に今の若い人たちがかわいそうです。真面目に生きてきても良い仕事になかなかありつけず、年寄りを養うために保険、年金、税金ばかりたくさん取られ、コロナ禍で仕事を失った人もいるはずです。

今年から18歳で成人年齢になり責任が増えるのに、お酒は飲めないのです。お酒とタバコは20歳からですって。

そのうえ、もしウクライナ戦争が波及して近隣の有事が発生したら、いのいちばんに徴兵されるのです。かわいそうです。



ロシアによるウクライナ侵略だけでも早く終わってほしい

私はもう十分人生を楽しんだから今後はどうでもいいです。でも私には子供も孫もいます。彼らが心配です。

せめてロシアによるウクライナ侵略だけでも早く終わってほしいのですが、なかなかそうはいかないようです。いったいいつまで続くのでしょうか。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*