【米国株】NYダウが今年最大の下落?、600ドル超の大下落ってほんと?

かぶとたいぞうです。

昨夜の米国株は思っていたほど下がらず、私の保有株は大半が上がり、買うチャンスに恵まれませんでした。

特に私が今狙っているペプシコとP&Gはけっこう上がってしまい、がっかりでした。



昨夜の終値は期待したほど下がっていなかった

途中で諦めて寝ましたが、今朝起きて確認したら、やっぱりそれほど下がっておらず、ペプシコもP&Gも、むしろ上がって終わっていました。

しかし、今朝のネットニュースで各紙の報道を見ると

「NYダウが今年最大の下落?600ドル超の大下落?」

「NYダウが今年最大の下落」

「600ドル超の大下落」

と書いてあります。

驚いて昨夜の米国株式市場の終値をもう一度見てみたら、確かにそうとも言えるのです。



今年最大って

でも、「今年最大の」と言っても、今年に入ってまだ2ヶ月も経っていません。ものは言いようです。

また「600ドル超」と言えば大きな数字に感じますが、NYダウ平均は35,000ドル近いのです。35,000ドルから600ドル下がっても、それほど驚く話ではありません。

財布に中に35,000円入っていたとして、そこから600円取り出して買い物をする時に、いちいち大袈裟に驚くでしょうか。

タウリン2,000mg配合!

「タウリン2,000mg配合!」みたいな話なのです。

2,000mgと言ったら多いように感じますが、1,000mgは1gです。だから2gと言ったほうが分かりやすいはずです。

しかし「タウリン2g配合」と言うと「そんなちょっとしか入っていないのか」と思われ、売れないのでしょう。



ニュースは大袈裟にものを言う

新聞やネットニュース媒体も、売れるように、あるいは人目を引くよううに、なるべく大袈裟に表現します。

昨夜のNYダウの終値は前日の終値に比べ622ドル安。わずか1.78%の下落に過ぎません。

私にとっては下がったうちには入りません。

せめて5%くらいは下がってくれないと

米国株は昨年1年で20%も上がったのです。せめて5%くらいは下がってくれないと、買うチャンスとは言えません。

ちょっと下がっただけ:kabutotai.net

米国株はなかなか崩れません。米国経済は堅牢なのです。



今夜こそ

米国株保有者としてはありがたく思ういっぽう、なかなか買うチャンスが訪れず、イライラする日々が続きます。

今夜こそ本当に下がってくれますように。

ごきげんよう。



【関連性の高い記事】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*