タイ政府は外国人のバンコク、パタヤへの隔離無し入国を10月15日からと言っているが

かぶとたいぞうです。

いったいいつになったらパタヤに戻れるのか。まったく不安です。

去年の今頃も同じようなことをブログに書いた気がします。あの時も、パタヤの友人からラインで「いつ帰ってくるのか」と聞かれたのです。昨日も同じ友人から同じことを聞かれました。



私は準備OKだけどタイ政府が開かない

「私は日本でワクチンを2回接種済みなので、いつでもパタヤに行ける。しかし、タイ政府が外国人の入国を制限しており、パタヤへのワクチン2回接種者の隔離無し入国がいつ始まるか分らない。当初は10月1日からと言っていたが、最近になって10月15日からと言い出した」

そんなようなことをラインで伝えました。

去年の今頃も似たような状況だった

思えば去年の今頃もトラベルバブルとか初期のプーケットサンドボックス計画があって、10月にはタイに入国できるような話もありました。

それらの計画は頓挫、あるいはかなり遅れて形も変えて実行されましたが、全体的に計画は遅れています。またタイ国内の感染状況によって計画も頻繁に変更されます。



計画は変更され、情報も錯綜する

【関連性の高い記事】

また情報も錯綜し、どの情報が正しいかも分らないことがあります。

今回の10月15日からの隔離無し入国もまた変更されるかもしれません。

実績を見てから動くことにした

こうなったらもう、1番乗りを目指すのはやめました。実際にパタヤへの隔離無し入国が始まって、多くの日本人がパタヤに入国したという実績と情報を得てから動きます。もう振り回されるのは嫌です。

11月になるか。あるいは来年の話かもしれません。



私がタイに行く理由

もともと北海道の冬の寒さが嫌だから、冬の間はタイに移住するというのが私のライフスタイルでした。

昨年はタイに行けなかったから代わりに沖縄に行きました。

今年もタイのようすがはっきりしないのなら、また沖縄に行きます。

沖縄の安くて良いホテルを長期でおさえておきたい

那覇の安くて良いホテルは、早く予約しなければ空室がうまってしまいます。行くなら年末年始を含めて2ヶ月くらいはおさえておきたいので、10月中には決断して予約しなければならないでしょう。

タイ政府の動きがとても気になりますが、10月15日にパタヤへの受け入れが実際に始まらなかったら、今年も諦めて沖縄に行こうと思います。



焦ってもしかたない

こんな時、本当にヤキモキした気分になります。でも焦っても仕方ありません。

隔離無し入国でパタヤに行ってきたよ、という人の体験談を聞いてから準備をしても遅くありません。沖縄から戻ってから、2月とか3月にパタヤに行ってもいいのです。

その頃になれば飛行機も安くなっているかもしれませんし。

もう、1年以上も待ったのだから、さらに数カ月待つことなんて気になりません。

タイでとったリタイアメントビザも更新期限がとっくに過ぎてしまいました。バイクの運転免許も10月で失効します。

もう焦りません。じっくり構えます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

“タイ政府は外国人のバンコク、パタヤへの隔離無し入国を10月15日からと言っているが” への2件の返信

  1. 私は逆で、何時になったら、日本に一時帰国できるだろうです。
    タイが隔離なしになれば、日本が自主隔離だけになるので、ロスタイムが半分になります。
    工場勤務なので、1ヶ月以上空けることも出来ず、既に1年半以上経過。
    今度こそ、と言う願いを込めて見守っています。

    • かぶとたいぞうです。

      そうですね。日本に入国(帰国)してからの2週間隔離がありましたね。

      タイが隔離なしになっても、日本に帰ってきてからまた2週間自主隔離しなければならないことを忘れてました。

      タイも隔離無しで、日本も2週間の自主隔離を撤廃しないとなかなか行けない(帰ってこれない)ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*