【新型コロナワクチン】自分が「基礎疾患を有する方」に該当していたことが分かり、嬉しいやら悲しいやら

かぶとたいぞうです。

コロナワクチン:kabutotai.net

新型コロナのワクチンは、最初に65歳以上の高齢者に接種させて、その後「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」「優先接種対象者(高齢者施設等の従事者等)」と続き、それ以外の64歳以下の人は最後になると聞いていました。だから自分の番が来るのはそうとう後だと思っていたのです。



年内にワクチン接種が可能なのかと心配していた

年内にワクチンが打てるのだろうかと心配をしていました。

タイへの隔離なし渡航は、2回のワクチン接種が条件なので、いつになったらタイヘ行けるのかと案じておりました。

ワクチン接種の進捗状況を知りたくて札幌市のホームページを見てみたら

少し気になったので、札幌市のホームページのコロナ関連ページでワクチン接種の進捗を見ていたら、「基礎疾患」の定義が書かれていました。

札幌市ホームページ

自分には関係ないとは思いつつも内容を読んでみたら、「基礎疾患」の条件には2項目あり、いずれかに合致すれば「基礎疾患を有する方」となるようでした。



「基礎疾患を有する方」に該当する条件

1番目の項目は、糖尿病や慢性の呼吸器の病気など、けっこう重い持病が列挙されていました。私は高血圧ですが、高血圧程度では「基礎疾患」とは言えないようでした。

2番目の項目には「BMIが30以上の肥満の方」と書かれておりました。

BMIが30以上の肥満の程度

自分のBMIの数値は分かりませんが、糖尿病などと同列に扱われるくらいですから、そうとう重篤なレベルの肥満なのだろうと思いました。

その後少したって、「そういえば去年の秋に健康診断をしたときに、たしかBMIという項目があって、注意を要するというようなことが書かれていたな」と思い出しました。



私のBMIの数値

去年の秋の健康診断結果をひっぱり出してを見てみると、BMIは30となっていました。

ショックでした。

そして30の横には↑のマークが付いています。基準値を大きく上回るという意味のようです。

私は「BMIが30以上の肥満の方」

「30以上」は30を含みます。つまり私は「BMIが30以上の肥満の方」に該当し、よってもって「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」なのです。

驚きました。喜んでいいのか、悲しむべきなのか。



「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」はいつからワクチン接種ができるのか

嬉しいやら悲しいやらの複雑な気持ちで、いつからワクチン接種ができるのか調べてみると、次の手順が必要なようです。

  1. 自分が「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」であることを、札幌市にインターネット登録する(FAXでも可)
  2. 札幌市から接種券が送られてくる
  3. 接種券を受け取ってから札幌市の予約サイトで予約をする
  4. 予約した日にワクチンを接種する

「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」の登録はいつからできるのか

登録はいつからできるのか調べてみると、なんと6月17日から既に始まっており、現在は第5回目のクールに入っているのだそうです。

もっと早く気づいて早く登録しておけば、もう予約ができていたかもしれません。

またもやショックでした。気づくのが遅くなりましたが今からでも急いで登録する他ありません。



「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」の登録

インターネットでの登録は簡単ですぐに終わりました。住所とか電話番号とかメールアドレスとかを入力して、該当する基礎疾患の項目にチェックを入れるだけです。診断書は必要ないが、接種の当日に医者が事前にチェックする旨書かれていました。

必要事項をすべて埋めて送信しましたが、その後のフォローは何もありませんでした。

札幌市の「18歳~64歳で基礎疾患を有する方」の登録システムにはフォローがない

登録確認メールも送られて来ないし、登録番号も通知されませんから、自分の情報がちゃんと登録されたのかも分かりません。現在どのようになっているかのステータスを見ることもできません。本当に接種券が送られて来るのか、いつ来るのかもさっぱり分かりません。

さすが札幌市のシステムです。



接種券はそのうち来るでしょう

まぁ、そのうちに接種券が送られてくるでしょう。そして、少なくとも一般の人よりは早くワクチン接種を受けられるでしょう。

そう望みます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*