東京オリンピックに出る選手も命がけ

かぶとたいぞうです。

次々と入国する海外からのオリンピック選手団の中には、新型コロナウイルスのワクチン接種をしていない選手もいるそうです。

ワクチン接種の副反応で万が一にも体調を崩すのを恐れて打たないというのです。自分の命よりも競技のパフォーマンスを優先しようとしているのでしょう。



入国後の検査で新型コロナの陽性反応が出た選手続々

入国後の検査で新型コロナの陽性反応が出た選手も次々と現れています。出国前に自分の国でPCR検査をしなかったのでしょうか。

無症状だから気づかなかったのでしょう。しかし、中には体調が悪いのに無理して来日した選手もいるかもしれません。

アスリートは命がけです。オリンピックでいい成績を出せるかどうかで今後の人生が変わります。

選手たちの気持ちも分かる

4年間必死に練習して臨むはずだった昨年の東京大会は延期になりました。この1年間、選手たちも不安な気持で練習をし続けたのだろうと思います。孤独に耐えながら必死に体を鍛えたのだと思います。そんな選手たちにとっては、新型コロナに感染するリスクなど恐れるに足りないのでしょう。自分の命よりも成績が大事なのでしょう。



今回のオリンピックの趣旨

そんな必死に戦うアスリートたちの姿を見て、勇気をもらうというのが今回のオリンピックの趣旨らしいのですが、はっきり言って痛々しいです。選手たちがかわいそうです。

アスリートをそこまで追い詰めながら歓喜を上げて観戦する様は、さながら現代版コロシアムです。

気の毒で見てられない

私は気の毒で見る気がしません。歓喜を上げて応援する気が起きません。

選手たちの気持ちも分かるのですが、ただただ気の毒としか思えないのです。



複雑な気持ちで見るオリンピック

今年のオリンピックはアホみたいに手を叩いて見るオリンピックではなく、複雑な気持ちで見るオリンピックだと思います。

命がけのオリンピック選手:kabutotai.net

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*