悪い円安が進み、日経平均は反転下落。今は円が下がれば日経平均株価も下がる時代

かぶとたいぞうです。

週明けの昨日は、岸田新総理が金融所得課税の増税を取り下げたことを好感して日経平均株価が大いに上がりました。

ところが、昨夜見ていたテレビの報道番組では、大手新聞社の経済部と名乗る人が、株高の一番の原因は円安が進んだためだと解説していたのを見て違和感を覚えました。



株価が上がったのは岸田総理が金融所得増税を取り消したからであって円安になったからではない

輸出大国だった大昔なら円安は株高の原因になりました。

また、外国人観光客を取り込んで観光で経済が成り立っていた時代も、円安は「安い日本」を生みインバウンド景気に貢献しました。

しかし今は時代が違います。

円安は国益にも経済にもプラスになりません。

今朝はさらに円安が進んだが日経平均株価は下がっている

今朝はさらに円安が進み、とうとう1ドル113円台に突入しました。すると案の定、株価は一転下落に転じました。

円が下がると日経平均も下がる:kabutotai.net

せっかく岸田新総理が株の売買や配当にかかる税の増税を明確に取り下げたのに、円安が進んだために日経平均株価が大いに下がっているのです。

株価を気にする岸田新政権にとっては踏んだり蹴ったりでしょう。



円安は困る

円安には私も困っています。米国株を買うにはドルが必要です。円が下がり過ぎるとドルが高くてなかなか買えなくなります。

昨日はなんとなく、まだまだ悪い円安が進むような気がしたので、1ドル112円45銭の時点で80万円分のドルを買っておきました。

持株の配当も五月雨式にドルで入ってくるので、当面はドルがもちます。

1ドル120円とかになったらどうしよう

しかし今持っているドルを使い果たした時にいったいドルがいくらまで上がっているか考えると不安になります。

1ドル120円とかになっているかもしれません。

こんなことなら1ドル105円の時にもっと買っておけば良かったと思っても後の祭りです。



今の日本には円安はマイナスでしかない

今の日本にとって円安はマイナスのほうが大きいです。円安が進むと圧倒的に輸入品が多い食品を含め、ありとあらゆる輸入品が値上がりし、国民生活は苦しくなります。

景気が悪いのに物価だけが上がればスタグフレーションになります。

円安はコロナ禍からの回復に水をさす

せっかくコロナ禍から立ち上がり、これから経済が回復していこうとする時に景気に水をさします。

緊急事態宣言が解除され、これから外食や旅行に行こうと思っていた矢先に物価がどんどん上がればどうなるか。先行きの警戒心から消費を手控える人が増えるでしょう。



それでなくとも物価が上がる兆しなのに

それでなくとも石油が上がり、中国などのサプライチェーンが乱れ、既に一部物価が上がり始めています。食用油などはすでに3割くらい上がっています。

それなのにさらに円安で輸入品が上がればダブルパンチです。

何かをきっかけに食品がいっせいに上がったら貧困者は生活ができなくなります。

インバウンド景気はまだ期待できない

コロナが完全に収束して外国人旅行者がどんどん日本に入ってこれる環境が整えば、円安は外国人にとっては「安い日本」の魅力を高めるのでインバウンド景気が戻るかもしれません。

しかし、今はまだインバウンドを狙う時期ではありません。内需のほうが重要です。個人消費はGDPの6割を占めているのです。



このままゼロ金利一辺倒でいいのか

各国が金融緩和の見直しと利上げのタイミングを模索する中、相変わらずゼロ金利一辺倒の日本。金利差で日本円が下がっていくことは目に見えています。

悪い円安はまだまだ続くかもしれません。そのうちに1ドル200円とかになっちゃうのでしょうか。

給料が増えないのに物価ばかりが上がって苦しい生活をよぎなくされる人が増えるのでしょうか。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

【SBI証券口座開設ページ】



【SBI証券口座開設ページ】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*