私の保有米国株:JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)を買った理由

かぶとたいぞうです。

今日は、私が保有する米国株のうち、JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)を取り上げ、買った理由をご説明します。





JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は薬品で世界第7位、化粧品・ヘルスケアで世界4位の健康関連企業

2017年の薬品部門世界ランキングは次のとおりです。

(順位. 企業名)

  1. ファイザー(米)
  2. ロシュ(スイス)
  3. ノバルティス(スイス)
  4. メルク(米)
  5. サノフィ(仏)
  6. グラクソスミスクライン(英)
  7. ジョンソン・エンド・ジョンソン(米)
  8. ギリアド・サイエンシズ(米)
  9. アッヴィ(米)
  10. アストラゼネカ(英)

同じく化粧品・ヘルスケア部門の世界ランキングは次のとおりです。

  1. P&G(米)
  2. ユニリーバ(蘭・英)
  3. ロレアル(仏)
  4. ジョンソン・エンド・ジョンソン(米)
  5. コルゲート(米)
  6. ヘンケル(独)
  7. エステーローダー(米)
  8. 花王(日)

JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置く、薬品、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業です。

薬品では世界7位、化粧品・ヘルスケアなどの日用品部門では世界4位の規模です。

ヘルスケア商品にはバンドエイド、ベビーローション、スキンケア商品、オーラルケア商品があります。

医療機関向けの薬品とドラッグストアなどに売っているヘルスケア商品の両方をやっている企業と言えば分かりやすいでしょうか。

その他、使い捨てコンタクトレンズのワンデーアキュビューや、たばこをやめたい人のための禁煙補助剤「ニコレット」もジョンソン・エンド・ジョンソンの商品です。

ちなみにカビキラーで有名なジョンソン社はまったく別の会社です。

創業から131年。「Our Credo」に基づいて50年以上10%成長を続ける伝説の企業

我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての顧客に対するものであると確信する。

から始まる「Our Credo」が有名です。

やっぱり経営理念をしっかり定めて社内で共有している会社は強いと思います。

日本の企業にも、ジョンソン・エンド・ジョンソンに習って、経営理念や社是・社訓・使命などの文章を「クレド」と呼んでいる会社がけっこうあります。

また、社内カンパニー制を古くから採用している会社としても有名です。



JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)の業績、評価、配当、株価

ジョンソン・エンド・ジョンソンのROEは2014年以降全て20%を超えています。

自社株買いはそれほど無いようですが、1株利益は順調に伸びています。長期有利子負債を純利益で割った最短返済年数はわずか1.4年。超軽量級です。

現在の税引き後配当率は2.1%。人気が高いので、配当という点ではコストパフォーマンスはかなり低いのです。

でも130年以上続く優良安定企業なので、今後も少しずつ増配して、そのうち税引き後3%を超えると思います。

【関連性の高い記事】

私の算定ではジョンソン・エンド・ジョンソンの適正株価は130.02ドル。現在の株価が130ドル程度なので、ちょうどよい株価だと思います。

【関連性の高い記事】

薬品業界あるいはJNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)の株に興味のある方の参考になれば幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*