私の保有米国株:GIS(ゼネラルミルズ)を買った理由

かぶとたいぞうです。

今日は、私が保有する米国株のうち、GIS(ゼネラルミルズ)を取り上げ、買った理由をご説明します。

GIS(ゼネラルミルズ)も食品会社ですが、前回ご紹介しPEP(ペプシコ)ほどは知られていないかもしれません。

【関連性の高い記事】





米国人の好きなシリアル、GIS(ゼネラルミルズ)は世界第20位の食品メーカー

GIS(ゼネラルミルズ)は世界第20位の食品メーカーです。

米国人は朝食にコーンフレークのようなもの(シリアル)に牛乳をかけて食べるのが好きです。一番手間がかからず、健康的な気がするからだと思います。米国の映画で、家族の朝食シーンには必ず出てきますね。

このシリアルの最大手の1つがGIS(ゼネラルミルズ)なのです。

世界15ヵ国で製造し、100ヵ国を超える市場で合弁会社などを通じて販売しています。

ゼネラルミルズの商品群

ハーゲンダッツもGIS(ゼネラルミルズ)のブランド

日本ではアイスクリームのハーゲンダッツが有名です。

ちなみに、ハーゲンダッツのコマーシャルを米国で見たことがありますが、米国では「ハーゲンダッツ」とは言わないで、どちらかと言うと「ハゲだー!」みたいな発音でした。

CMでは綺麗な女性が笑いながら「ハゲだー!」と言います。ハゲの人が聞いたら気を悪くするかもしれません。それで、日本では「ハーゲンダッツ」と呼んでいるのではないかと推測しています。

【関連性の高い記事】

また、とんがりコーンもハウス食品との提携で作りました。私は子供のころ好きでした。

このようになじみのある商品も作っていますが、どちらかというと地味な食品会社で、その地味さが気に入って株を買ったのです。



GIS(ゼネラルミルズ)の業績、評価、配当、株価

GIS(ゼネラルミルズ)1929年の世界大恐慌の直前に上場し、100年以上配当を出し続けている会社です。

伝統に裏打ちされた安心感が、食品ブランドとしての価値を高めています。

過去6年間のROEは全て20%以上で、この3年間はいずれも30%を超えています。

配当は安定しており、自社株買いもしています。

現在の税引き後配当率は約3%。最もコストパフォーマンスに優れた米国株銘柄の1つだと判断しています。

私が算定したゼネラルミルズの適正株価は55.40ドルです。今日現在、ゼネラルミルズの株価は46.48ドルですから、かなり割安です。

3ヶ月前には一時42ドル付近まで下がったので、まだ下がるかもしれないと思って様子を見ていたのが失敗でした。その後どんどん上がっていきました。

食品という、この世に無くてはならない業界で長きにわたって好成績を収め、利益も配当も長期的に安定している企業です。

GISは私がおすすめする米国株銘柄の1つです。これからもどんどん買い足そうと思っています。

ご興味のあるかたの参考になれば幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*