私の保有米国株:ABBV(アッヴィ)を買った理由

かぶとたいぞうです。

今日は、私が保有する米国株のうち、ABBV(アッヴィ)を取り上げ、買った理由をご説明します。





研究開発型医薬品メーカーABBV(アッヴィ/アッビー)は世界第9位の薬品会社

2017年の薬品部門世界ランキングは次のとおりです。

(順位. 企業名)

  1. ファイザー(米)
  2. ロシュ(スイス)
  3. ノバルティス(スイス)
  4. メルク(米)
  5. サノフィ(仏)
  6. グラクソスミスクライン(英)
  7. ジョンソン・エンド・ジョンソン(米)
  8. ギリアド・サイエンシズ(米)
  9. アッヴィ(米)
  10. アストラゼネカ(英)

ABBV(アッヴィ)は、アボット・ラボラトリーズという製薬会社の研究開発部門が分離独立して開業し、その後、バイオ関連やガン治療薬関連の会社を買収して、現在の形になりました。

開発・販売しているのは主に

  • リウマチ治療
  • 抗ウィルス
  • 抗うつ
  • 皮膚科治療
  • 血液癌治療
  • C型肝炎治療
  • HIV治療
  • 甲状腺治療

といった関係の治療薬で、いずれもニーズの高い最前線の分野です。

ABBV(アッヴィ)の業績、評価、配当、株価

私は企業分析する際、まずはROEを見ます。アッヴィのROEは超優秀です。

ROE
2012 156%
2013 91%
2014 101%
2015 130%
2016 128%
2017 113%

ABBV(アッヴィ)のROEは2012~2017年までほぼ100%を越えています(2013年だけ91.9%)。

自社株買いはそれほど無いようですが、1株利益も利益剰余金も純資産も順調に伸びています。

長期有利子負債を純利益で割った最短返済年数は5.5年。少し借金が多いですが、ぎりぎりセーフです。研究開発型企業なので資金が必要なのだと思います。

現在の税引き後配当率は2.9%。

私の算定ではアッヴィの適正株価は94.07ドル。現在の株価が98ドル程度なので、今はちょっと高い感じがします。

92ドルで買うことができれば、税引き後配当率は3%になりますが、なかなか下がりません。私は前回、適正価格である94.07ドルで買いました。

面白い会社なのでどんどん買い足したいのですが、薬メーカーは開発に莫大なお金と時間がかかるいっぽう、特許権の期限が切れると、とたんに収入が下がるのでけっこうリスクのある業界なのです。

それで前回ご紹介したJNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)と分散投資しています。さらに今後は世界ランキング8位のギリアド・サイエンシズ(米)にも手を出そうと思っています。

薬業界も世の中から無くならないし、今後ますますニーズが高まると思います。

【関連性の高い記事】

薬品業界あるいはABBV(アッヴィ)の株に興味のある方の参考になれば幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*